会社を買収して社長になる場合 経営・管理ビザ取得のポイント

会社を買収し、経営管理ビザを取得することは可能 会社を買収して社長になる場合でも、経営管理ビザを取得することは可能です。自分で会社を作った場合でも、他人が作った会社を買収した場合でも、その経営管理活動に携わる点で、「経営…

続きを読む

外国人の永住者ビザ 不許可理由まとめ

永住者ビザの審査は年々厳しくなっています。数年前なら許可になったであろうケースでも、不許可になるという事例がよく見られます。以下、出入国在留管理局が発表している永住ガイドライン、実際の不許可事例などを基に、不許可になる理…

続きを読む

特定活動40号【日本で1年以内の観光、保養するためビザ】の取り方、必要書類

主に先進国の外国人が日本で長期観光、保養するためのビザ 特定活動40号(観光・保養)は、主に先進国の外国人が、日本で1年以内の期間、日本で暮らすことを目的とした在留資格(ビザ)です。 通常の観光ビザでは、原則90日間しか…

続きを読む

永住者ビザの身元保証人の責任、必要書類、頼み方 まとめ

永住申請する時、なぜ身元保証人が必要なのか? 外国人が永住申請する際には、身元保証人が必要となります。身元保証人になれる人は、日本人もしくは永住者の在留資格を持つ外国人です。 法務省出入国在留管理局では、永住申請に身元保…

続きを読む

高度専門職ビザの取り方、必要書類

高度専門職ビザとは、簡単に説明すると、特に高度な能力や資質を持つ外国人に対し、さまざまな優遇制度(メリット)を与えるという目的で作られたビザです。 高度専門職ビザを取得すると、下記のようなメリットがあります。分かりやすく…

続きを読む

理系学部出身の外国人を文系職種で採用することは可能か?

大学卒業者の場合 その外国人が大学を卒業している場合、通訳翻訳や語学教師の仕事につくことは可能です。この大学というのは、短期大学も含まれますが、学位(準学士)を取得していることが条件となります。 また、通訳翻訳専従者では…

続きを読む

自動車整備業で外国人を採用した時のビザの取り方、必要書類

特定技能1号ビザ(自動車整備) 特定技能試験(自動車整備)及び日本語能力試験N4以上に合格している外国人が対象となるビザです。学歴や実務経験は不要です。 ただし、特定技能ビザの外国人を採用するためには、企業側に求められる…

続きを読む

製造業での外国人の就労ビザ 取得方法や必要書類を解説

技能実習→特定技能ビザへの切替 3年間雇用している技能実習生がいる場合、特定技能ビザに切り替えることで、永続的な雇用が可能となります。技能実習生として来日してから、2年10ヶ月が経過した時点で、切り替えの手続きが可能です…

続きを読む

留学生の夫や妻 家族滞在ビザの条件、必要書類

まず、日本語学校の留学生の夫(妻)を家族滞在ビザで呼び寄せることは、原則できません。 日本の大学や専門学校に留学している留学生の夫(妻)を海外から呼び寄せる時には、「家族滞在ビザ」を取る必要があります。ただし、簡単ではあ…

続きを読む

フィリピン人を雇用する時の就労ビザとPOLO申請

就労ビザとは別に、フィリピン海外雇用庁(POEA)の承認が必要 フィリピン人を雇用する場合、就労ビザの取得とは別に、フィリピン海外雇用庁(POEA)の承認が必要となります。 フィリピンでは、OFWと呼ばれる海外労働者が非…

続きを読む

 

相談の予約、お問い合わせは、下記フォームより送信ください。

当日予約も歓迎いたします。

どのようなビザの相談ですか?
技術・人文知識・国際業務(一般企業で働くビザ)経営管理ビザ配偶者ビザ永住者ビザその他

ページトップへ戻る