短期滞在ビザの申請をフルサポート

つくばワールド行政書士事務所では、短期滞在ビザ(短期商用ビザ、親族知人訪問ビザ)の申請をフルサポートしております。ビザが出なければ全額返金という安心のサービスです。

こんなお困りごとはありませんか

  • 短期滞在ビザの取り方が分からない
  • 短期滞在ビザの必要書類の集め方が分からない
  • 短期滞在ビザの申請で失敗したくない

なぜ短期滞在ビザの手続きは失敗しやすいのか?

短期滞在ビザを取るためには、日本側で書類を用意し、外国にいる外国人に郵送し、外国人の母国にある日本領事館で手続きをする必要があります。申請書類の書き方には独特のルールがあり、書き方を間違えると、受け付けてもらえません。

また、現地の日本領事館で手続きする際、追加書類が発生したり、領事館から招へい人(日本の会社等)に電話がかかってきたりすることもよくあります。この電話対応をきちんとしないと、不要な疑義を持たれ、短期滞在ビザが不発給(出ない)ことがあります。

そもそも短期滞在ビザはどのようなビザなのか

ところで、短期滞在ビザを取るためには、どのような書類を作り、どんな手続きを進めていくことになるのでしょうか。

短期滞在ビザは、3種類あります。

商用目的、親族知人訪問目的、観光目的の3つです。

観光目的の短期滞在ビザは、海外の旅行会社が手配してくれますので、ここでは省略します。

商用目的、親族知人訪問目的の短期滞在ビザに必要な書類

日本側で用意する書類は下記です。

  • 招聘理由書
  • 身元保証書
  • 滞在予定表
  • 招聘会社の登記事項証明書
  • 招聘会社の会社案内
  • その他、個別ケースにより異なる

そして、本人が用意する書類があります。本人書類については、招聘目的や日本滞在予定日数によって異なります。外務省の公式サイトには、本人が用意する必須書類が書いてありますが、これは全てのケースに共通する必須書類であり、実際の手続きでは、状況によって用意する書類は異なります。

当事務所では、個別具体的な状況に応じて、本人および招聘会社側(招聘人)が用意する書類をリストアップしております。

短期滞在ビザの許可事例

当事務所では、短期滞在ビザの手続きについて、これまでに様々な状況のお客さまよりご依頼をいただき、業務にあたってまいりました。具体的には下記ケースでの短期滞在ビザの取得に成功しております。

これまで扱った国

  • フィリピン
  • ラオス
  • 中国
  • スリランカ
  • ベトナム
  • カンボジア
  • ロシア
  • インドネシア
  • ネパール
  • ミャンマー
  • タイ
  • バングラディッシュ
  • モンゴル
  • キルギス
  • パキスタン
  • イラク
  • サウジアラビア
  • アルバニア
  • アゼルバイジャン

代表的な許可(ビザ発給)事例

  • 取引先の担当者5名を招聘(短期滞在90日発給)
  • 取引予定先の担当者を招聘(短期滞在90日発給)
  • 内定した大学生を招聘(短期滞在30日発給)
  • インターンシップ(無報酬インターン)で招聘(短期滞在90日発給)
  • 両親、従妹を招聘(短期滞在90日発給)
  • 結婚式参加者(友人知人)5名を招聘(短期滞在15日発給)

短期滞在ビザのこと、当事務所に相談してみませんか

短期滞在ビザの手続きをご自身で進めようとしても、書類の書き方が分からない、どこで聞けばよいのかわからない、書類を用意するのが面倒、時間が取れないという方も多いのではないでしょうか。

当事務所では、短期滞在ビザの申請サポート業務を提供中です。ご依頼いただきますと、当事務所で書類作成し、申請書類一式をとりまとめ、申請できる状態にしてお渡しします。

※短期滞在ビザの申請場所は、ご本人(日本に来る人)の母国にある日本領事館ですので、

領事館に持参するのはご本人となります。

書類作成だけのサービスではありません

料金は成功報酬

短期滞在ビザの申請サポートは手続き全体をフルサポートするサービスです。「書類だけ作成するから、あとは自分でがんばってね」というサービスではありません。書類作成だけなら、もっと廉価で提供できるのですが、当事務所では短期滞在ビザの取得を最後までサポートしたいと考えております。万が一、短期滞在ビザが不発給の場合、いただいた料金の全額を返金しております。

ELFS申請代行も含んだサービス

2022年より、新規来日者には厚生労働省が管轄するELFS申請を行うことが義務付けられています。ELFS申請は、短期滞在ビザ申請とは全く別の手続きとなります。本サービスでは、このELFSも含んだ料金となります。

今後の可能性を見据えた手続き

短期滞在ビザで日本に招聘する場合、単発で終わることは少ないと思います。将来的な日本での雇用などにつながるケースもあります。こうした将来の可能性もお聞きした上で、申請をサポートしております。

業務の内容

短期滞在ビザ申請サポートに含まれる業務

  • 招聘理由書の作成
  • 身元保証書の作成
  • 滞在予定表の作成
  • 招聘会社(もしくは招聘人)が用意する書類のリストアップ
  • 申請書類一式の取り纏め
  • 日本領事館での申請サポート、補正対応
  • 日本領事館からの電話インタビューのサポート(最近よく聞かれる質問などをお知らせ)
  • 本件に関するアドバイス
  • 当事務所が作成した書類一式のデータ提供(次回以降の申請に活用できます)
  • ELFS手続代行(厚生労働省の入国者健康管理システム)

業務の料金

上記全てを含んだ料金です

70,000円+税

支払い方法:銀行振込

支払い時期:お申込み後、10営業日以内(2回目以降のご依頼の場合、末締翌月末払い)

※同一日程で2名以上の場合、ご相談ください。

対象地域

全国対応

ご依頼の流れ

お問い合わせ

メールにてお問い合わせください。

ご依頼

料金をお振込みください。

書類の準備

当事務所→お客様:お客様にご用意いただく書類を案内します。

当事務所:上記書類の情報を基に、申請書類一式を作成します。翻訳が必要な書類については、当事務所で翻訳いたします。

申請書類の内容確認

当事務所で作成した申請書類、職務内容説明書などの内容を確認ください(メールでのやりとり)

納品

短期滞在ビザの申請書類一式を郵送します(ご本人への海外郵送の場合、郵送費を別途いただきます)

また、当事務所が作成した申請書類一式をデータ(ワードファイル等)で納品いたします。ですので、次回以降の申請に活用できます。

日本領事館での申請(納品書類を持参)

ご本人が日本総領事館(もしくは領事館指定の旅行会社等)で申請。オンライン申請できる国もあります。

審査

現地の日本総領事館で審査されます。追加資料提出が必要な場合もございます。

結果受領

日本総領事館からご本人に審査結果が届きます。ご本人のパスポートに査証シールが貼付されます。

来日

よくあるご質問

手続きに必要な日数はどれくらいかかりますか?

通常、ご依頼から納品まで1~2週間程度です。審査期間(申請から結果まで)は、通常1週間前後です。

自分で短期滞在ビザを申請したら不許可になりました。再申請は可能ですか?

不許可理由によりますが、原則、不許可になってから6ヶ月間は再申請できません。


この記事を作成した人 つくばワールド行政書士事務所 行政書士 濵川恭一

 

相談の予約、お問い合わせは、下記フォームより送信ください。

    ※メール送信できない場合。お手数ですが、下記まで直接メールでお願いいたします。
    oto@svisa.net

    ※当事務所のサービスを必要とする方に、最大限のサポートを提供させていただくため、誠に恐縮ですが、以下のようなご事情の方は、有料相談をご利用ください。

    ・1年以上先に、ビザ申請する可能性があるため、事前に話を聞いておきたい
    ・手続きは既に他の事務所に依頼しているが、セカンドオピニオンを聞きたい
    ・非通知や匿名希望のご相談

    どのようなビザの相談ですか?
    技術・人文知識・国際業務(一般企業で働くビザ)経営管理ビザ配偶者ビザ永住者ビザその他

    ページトップへ戻る