外国人のビザに関するガイドライン、公開資料等まとめ

在留資格関係 ガイドライン

新型コロナによる入国制限等の情報

コロナの影響による入国情報については、 法務省(出入国在留管理庁)、外務省、厚生労働省の情報を確認する必要があります。

各省庁の規制やルールが完全には連動していないため、 念のため、それぞれのページもを確認してください。

 在留資格認定証明書の有効期間

  • 作成日が2020年1月1日~2021年10月31日
        →2022年4月30日まで有効
  • 作成日が2021年11月1日~2022年4月30日
        →作成日から「6か月間」有効

外国人雇用に関する公的資料

 

 

 

相談の予約、お問い合わせは、下記フォームより送信ください。

※当事務所のサービスを必要とする方に、最大限のサポートを提供させていただくため、誠に恐縮ですが、以下のようなご事情の方は、有料相談をご利用ください。

・1年以上先に、ビザ申請する可能性があるため、事前に話を聞いておきたい
・手続きは既に他の事務所に依頼しているが、セカンドオピニオンを聞きたい
・非通知や匿名希望のご相談

どのようなビザの相談ですか?
技術・人文知識・国際業務(一般企業で働くビザ)経営管理ビザ配偶者ビザ永住者ビザその他

ページトップへ戻る