会社の資本金が500万円未満でも、経営・管理ビザを取得できますか?

経営・管理ビザを取得するためには、原則として、資本金500万円以上の会社を設立し、その代表者となる必要があります。

資本金500万円未満の場合、常勤の従業員を2名以上雇用し、労働保険にも加入させることが必要です。ただし、この方法を取った場合、従業員の退社などがあると、経営・管理ビザの更新ができないというリスクがあります。

このページでは、資本金500万円未満であっても、経営・管理ビザを取得する特別な方法を紹介します。全てのケースで適用できるわけではありませんが、該当する方はこの方法も検討してみてください。

茨城県内で、医療やIT分野の事業を始める外国人のビザ

茨城県は、外国人起業活動促進事業(スタートアップビザ制度)の実施自治体として認定されています。ですので、下記条件に該当する場合、資本金500万円未満であっても、経営活動を行うことができます。

対象事業

①ライフサイエンス(医療,バイオ・製薬等)に関する研究開発事業
②IT 分野(AI、情報通信、ロボティクスなど)
③上記に準ずるような革新的技術を活用した事業

※従来型の事業(貿易、飲食店、語学教室など)は対象となりません。

対 象 者

茨城県内で新たに事業を始める外国人(留学生も可)

経営・管理ビザ取得までの流れ

  1. 起業準備活動計画書を茨城県へ提出。
  2. 茨城県の審査に合格、確認証明書が発行される。
  3. 出入国在留管理局にて、在留資格(特定活動)申請
  4. 在留資格「特定活動(起業準備活動)」が許可される。
  5. 起業準備活動期間中、茨城県による進捗確認と月1回の進捗報告
  6. 1年以内に、資本金500万円を用意し、事務所を確保し、経営・管理ビザを申請
  7. 経営・管理ビザが許可される。

特定活動(起業準備活動) 主な必要書類

  • パスポート
  • 在留カード
  • 起業準備活動確認申請書
  • 起業準備活動計画書
  • 起業活動のスケジュール表
  • 履歴書
  • 誓約書
  • 住居の賃貸契約書
  • 滞在費支弁を証明する書類(預金残高証明書など)
  • その他、茨城県が指示する書類

茨城県つくば市周辺に住む外国人の経営・管理ビザをサポートします。

つくばワールド行政書士事務所では、茨城県つくば市周辺に住む留学生、社会人の経営・管理ビザ取得をサポートしています。上記の方法(医療、IT事業)以外の場合、通常の方法(資本金500万円を用意いただく)となりますが、経営・管理ビザ取得まで、フルサポートさせていただきます。

初回は無料相談です。事務所、電話、ZOOM、スカイプでの相談が可能です。

経営・管理ビザの全体像、必要書類、重要ポイントなどについては、こちらのページに詳しく書いてあります。

経営・管理ビザ

 

 

メールで相談の予約をご希望の方は、下記フォームより情報を送信ください。24時間承っておりますが、返信にお時間を頂戴する場合がございます。お急ぎの方はお電話にてご予約ください。

ご相談 (必須)

その方は日本におられますか?
日本にいる(在留カードを持っている)観光ビザ、短期ビザで日本滞在中日本にはいない

どのようなビザの相談ですか?
配偶者ビザ永住者ビザ高度専門職ビザ技術・人文知識・国際業務(一般企業で働くビザ)技能(外国料理のコック)経営管理(外国人が起業する、外国人社長を招聘するビザ)その他

ご相談日時(第一希望)
希望時間:

ご相談日時(第二希望)
希望時間:

ご相談日時(第三希望)
希望時間:

※ご希望の日時に他のご相談者様の先約などが入っている場合は、別の日時をご提案させていただく場合がございます。

以下、就労ビザのご相談の方のみご記入ください。

今回入社する(内定した)外国人はどのような仕事を担当しますか?
通訳翻訳貿易業務販売促進(マーケティング)営業IT設計技術開発その他

ページトップへ戻る