外国人が教員や保育士として働く場合、就労ビザを取得できますか?

小学校、中学校、高等学校、特別支援学校で働く場合

 
常勤雇用される場合、公立・私立ともに「教育ビザ(カテゴリ1)」に該当します。
教育ビザは、学歴要件がありません。つまり学歴は関係なくビザを取得できます。
 

専門学校や日本語学校で働く場合

 
教員として働く場合は、「教育ビザ(カテゴリ2)」に該当します。
事務職や学生相談員として働く場合は、「技術・人文知識・国際業務ビザ」に該当します。
 
いずれも、学歴要件(学士もしくは専門士)の学位が必要です。
 
 

幼稚園教諭、保育士として働く場合

以下の要件を満たせば、「特定活動46号ビザ」に該当します。

  • 日本にある4年制大学を卒業し、学士学位を取得すること
  • 日本語能力試験N1に合格していること

6歳児までを対象とした普通の幼稚園や保育園でしたら、特定活動46号ビザを取得できる可能性が高いです。

ただし、このビザは、「日本語を用いた円滑な意思疎通を要する業務であることが必要なため、下記のような状況であれば該当しません。

  • 0歳~2歳(乳児)だけを対象とした保育園での保育業務
  • 園内英語限定のインターナショナルプリスクール(日本語を使用する機会が少ないため)

インターナショナルプリスクール等で働く場合

インターナショナルプリスクールや保育園、学童保育施設などで外国人を雇用する場合、語学教育に関する業務量によって、就労ビザを取得できる場合があります。

例えば、幼児向けの語学教師としての勤務であれば、就労ビザを取得できる可能性が高いです。ただし、保育に関する業務の有無、その時間的割合も厳しく審査されます。オムツ交換や寝かしつけなども業務に含まれている場合、仕事内容の内訳やその意義、スクールの教育方針なども丁寧に説明する必要があります。

出入国管理法に明記されているビザ要件に基づいた説明が必要ですので、確実に就労ビザを取得されたい場合は、専門家へ相談されることをお勧めします。なお、当事務所で扱ったケースでは全て許可されております。以下の国籍の方です。アメリカ人、ブラジル人、中国人、イギリス人、ポーランド人、ハンガリー人、フィリピン人。

最低限の条件

  • 本人が大学を卒業していること。もしくは日本の専門学校(語学系)を卒業していること。
  • 外国語を使って保育(教育)するカリキュラムであることが対外的に明確であること。
 

就労ビザ申請 一般的な必要書類

下記は参考です。実際の申請書類は個別ケースにより異なります。ご依頼後、正確な必要書類をご案内しております。

本人に関する書類

  • 証明写真(3ヶ月以内に撮影したもの 縦40×横30mm)
  • パスポート(原本)
  • 在留カード(原本)
  • 履歴書(市販の書式でOK。最終学歴から現在までの経歴を記載)
  • 最終学歴(大学等)の卒業証明書(学位証明書でも可)
  • 日本語資格がある場合 ⇒ 日本語能力試験の合格証
  • その他、職務上活用できる資格証、実務経験を証明できる書類など

雇用主に関する書類

  • 運営する法人の登記事項証明書
  • 決算書類
  • 直近年分の職員の給与所得の源泉徴収票等の法定調書合計表
  • 仕事内容に関する詳細説明書
  • 仕事風景の写真(どこでどのように語学指導するのかわかる写真)
  • 語学指導の指導案、カリキュラム
  • その他、状況に応じた書類
 

相談の予約、お問い合わせは、下記フォームより送信ください。

当日予約も歓迎いたします。

どのようなビザの相談ですか?
技術・人文知識・国際業務(一般企業で働くビザ)経営管理ビザ配偶者ビザ永住者ビザその他

ページトップへ戻る