外国人の就労ビザ 行政書士の相談事例紹介【製造業で文系大学卒業者を採用するケース】

相談事例 電子機器メーカーのA社では、最近、アジア圏からの引き合いが増えてきました。今後の海外展開を視野に入れ、日本の4年生大学を卒業するベトナム人留学生を採用することにしました。はじめての外国人採用ですので、就労ビザ取…

続きを読む

行政書士が解説!技術・人文知識・国際業務ビザ 更新の必要書類

このページでは、技術・人文知識・国際業務ビザ(技人国ビザ)の更新をするための必要書類を紹介しています。実際の必要書類は個別の状況によって異なりますが、一般的な必要書類は下記となります。転職なしの場合と、転職ありの場合で、…

続きを読む

行政書士が解説!外国人派遣社員の就労ビザを申請する時のポイント

このページでは、外国人を派遣社員として採用し、派遣先で勤務してもらう時の就労ビザの手続きについて詳しく解説しています。 外国人派遣社員の就労ビザとは 外国人を派遣社員として採用した場合、多くのケースで、「技術・人文知識・…

続きを読む

行政書士が解説!設立したばかりの会社で外国人を雇う場合の就労ビザ手続の注意点

設立したばかりの会社で外国人を雇う場合に必要な就労ビザ対策とは 外国人が日本の会社で働く場合、原則として、最寄りの出入国在留管理局で就労ビザを申請し許可される必要があります。就労ビザを取るためには、会社側の要件、本人側の…

続きを読む

行政書士が解説!個人事業主で外国人を雇う時、就労ビザ手続で気をつけること

語学学校を個人で経営している人やフリーの翻訳者などの個人事業主であっても、外国人を雇用できる場合があります。 まず、下記のビザを保有されている外国人については、採用が可能です(一部、就労時間に制限あり) 永住者、日本人の…

続きを読む

行政書士が解説!海外の短大や3年制大学を卒業している場合、就労ビザ(技人国)を取得できますか?

日本企業でホワイトカラー職として働くためには、就労ビザ(技術・人文知識・国際業務ビザ)を取得する必要があります。このビザを取得するためには、学歴要件があります。日本の大学院、大学、短大、高等専門学校、専門学校を卒業されて…

続きを読む

行政書士が解説!文系の学校出身の外国人がIT企業で就職してビザを取るためのポイント

就労ビザというのは、大学や専門学校での専攻科目と就労先での業務内容の関連性が重視されます。ですから基本的に難しいですが、会社の規模、事業内容等によっては、文系出身の外国人であっても、就労ビザを取得できる可能性があります。…

続きを読む

日本の専門学校を卒業した留学生が技人国ビザを取る方法 

専門学校で学んだ内容と職務内容の密接な関連性が必要 専門学校を卒業した留学生が、技術・人文知識・国際業務ビザ(技人国ビザ)を申請した場合、専門学校で学んだ内容と仕事内容が密接に関連しているかどうかを厳しく審査されます。 …

続きを読む

専門行政書士が解説!販売職で外国人を採用した場合、就労ビザを取得できますか?

販売職で外国人の就労ビザを申請する時のポイント このケースは、就業場所(店舗等)の状況、顧客属性、販売の形態等によって、就労ビザ取得の可否が決まります。空港内にある免税店など明らかに外国人客の割合が高く、販売というより通…

続きを読む

外国人の在留資格・ビザ申請時における 職務内容説明書作成サービス

こんなお困りごとはありませんか 在留資格更新時、職務内容についての説明書を求められたが書き方がわからない これまでは求められなかったのに、今回はじめて職務内容説明書を求められた 職務内容説明書を書いている時間がない 出入…

続きを読む

 

相談の予約、お問い合わせは、下記フォームより送信ください。

    ※メール送信できない場合。お手数ですが、下記まで直接メールでお願いいたします。
    oto@svisa.net

    ※当事務所のサービスを必要とする方に、最大限のサポートを提供させていただくため、誠に恐縮ですが、以下のようなご事情の方は、有料相談をご利用ください。

    ・1年以上先に、ビザ申請する可能性があるため、事前に話を聞いておきたい
    ・手続きは既に他の事務所に依頼しているが、セカンドオピニオンを聞きたい
    ・非通知や匿名希望のご相談

    どのようなビザの相談ですか?
    技術・人文知識・国際業務(一般企業で働くビザ)経営管理ビザ配偶者ビザ永住者ビザその他

    ページトップへ戻る