技能実習生の監理団体を買収するポイント

技能実習生の受入に関し、様々なサポートを行う監理団体。その数は、全国で約3000社になります。この中には、売却先を探している団体もあります。本稿では、監理団体を買収する際のポイントについて紹介します。 新規で監理団体を設…

続きを読む

2024年 外国人雇用に関するニュース解説

このページでは、2024年に起こった外国人雇用に関する主なニュースの骨子を紹介しています。 在留資格「留学」 基準を厳格化…入管庁 不法就労防止へ 特に「科目履修生」「研究生」について実態審査を強化。 本科生については、…

続きを読む

国家戦略特別区で家事支援外国人を雇う方法

このページでは、国家戦略特別区(特区)において、外国人を家事使用人として受け入れる方法を解説しています。このスキームについては、細かい審査基準等が公開されていないため、実際に動く際には、細かい点を各行政機関と折衝しながら…

続きを読む

専門行政書士が解説!農業で外国人を雇用する時の就労ビザ

このページでは、農業法人や個人農家が外国人を雇用する時の就労ビザについて、ビザ専門行政書士が解説しています。 職種によって取得するビザが違う 農業法人や個人農家で外国人が働く場合、よく利用される就労ビザは以下の5つです。…

続きを読む

外国人雇用ニュース:外国人労働者が200万人を超えました

コロナによる入国規制が緩和され、日本で働く外国人労働者の数が増えています。その数は、ついに200万人を超え、当面は増え続けると予測されています。このページでは、2024年に発表された政府統計や外国人雇用に関するニュースを…

続きを読む

2023年の外国人雇用関連ニュースを行政書士が解説

2023年春頃から新型コロナウィルスによる規制が緩和され、外国人雇用の現場でも新しい制度や運用が続々と始まりました。技能実習制度の大改正などは、2024年度の通常国会後に発表される見込みですが、この記事では、2023年に…

続きを読む

2024年、技能実習制度はどう変わっていくか? <有識者会議のポイント解説>

2022年12月から16回にわたり開催された技能実習制度に関する有識者会議での議論を踏まえた最終報告書が、2023年11月30日、法務大臣に提出されました。その報告書が公開されたので、要点を解説します。 なお、この記事は…

続きを読む

配偶者ビザ、永住者ビザ、定住者ビザの外国人を雇う時の3つの注意点

現在、日本国内には、就労制限のない身分系ビザを持つ外国人が150万人以上住んでいます。この数は、外国人全体の過半数を占め、労働力という観点からも無視できない数字です。本ページでは、身分系ビザを持つ外国人を雇用する時のポイ…

続きを読む

外国人雇用、就労ビザに関する無料相談会

つくばワールド行政書士事務所では、毎週木曜日に、外国人を雇用される企業様、日本企業に就職する外国人向けに、無料相談会を行っております。依頼するかどうか迷っておられる場合、無料相談で行政書士と話してみてから決めていただいて…

続きを読む

外国人雇用のDD(デュー・デリジェンス)のポイント

企業合併や企業買収の際、その企業での外国人雇用が合法なのか不法就労なのかを精査することは非常に重要です。万が一、不法就労をさせてしまった企業は、不法就労助長罪に問われる可能性があるからです。本稿では、不法就労とは何なのか…

続きを読む

 

相談の予約、お問い合わせは、下記フォームより送信ください。

    ※メール送信できない場合。お手数ですが、下記まで直接メールでお願いいたします。
    oto@svisa.net

    ※当事務所のサービスを必要とする方に、最大限のサポートを提供させていただくため、誠に恐縮ですが、以下のようなご事情の方は、有料相談をご利用ください。

    ・今すぐに手続きする必要はないが、事前に全体的な話や注意点等を聞いておきたい
    ・手続きは既に他の事務所に依頼しているが、セカンドオピニオンを聞きたい
    ・非通知や匿名希望のご相談

    どのようなビザの相談ですか?
    技術・人文知識・国際業務(一般企業で働くビザ)経営管理ビザ配偶者ビザ永住者ビザその他

    ページトップへ戻る