集客につながる外国人雇用セミナーの作り方

ウィズコロナの動きにより、外国人の採用育成に関するセミナーが増えてきました。こうしたセミナーは、自治体や商工会議所、銀行、人材派遣会社等が主催となって開催することが多いのですが、どれも似たような内容になってしまい、参加者の関心を得にくいという課題があります。そこで、本稿では、筆者の経験も踏まえ、集客につながるセミナーについて考察します。

外国人雇用セミナーの課題

新型コロナウイルスの影響により、2020年2月頃~最近まで、外国人採用に関するセミナーやイベントが相次いで中止になっていましたが、ここに来て、こうしたセミナーの開催が増えてきました。外国人採用セミナーは、自治体や商工会議所、銀行、人材派遣会社等が主催となって開催することが多いのですが、どれも似たような内容になってしまうという課題があるようです。外国人の求人方法、面接方法、在留資格の取り方、国別の雇用管理のポイントなどは、どのセミナーでも話されることが多いため、なかなか参加者を集めにいのが現状です。外国人雇用が一般的ではなかった10年前であれば、こうしたテーマでも多くの人の関心を引くことができました。しかし、近年、外国人雇用は広く一般的になり、当たり前のことを話しても、なかなか他のセミナーと差異化できない、参加者が集まらないという課題があります。また、オンラインで開催される場合、内容がつまらないとすぐに離脱されてしまいます。ただ、逆に考えると、参加者の反応がダイレクトに分かるという良い側面もあります。つまり、参加者が離脱しないような内容、離脱させない講師を呼ぶことが非常に重要になってきます。

筆者は、直近2年間で、幾つかのテーマでセミナー講師をしたのですが、比較的、参加者の興味を惹いたテーマは下記です。

  • 特定技能外国人に関する現場の声と課題
  • 入国審査官は何を基準に就労ビザ審査をしているのか
  • 外国人雇用に関する最近の逮捕事例を徹底解説
  • 就労ビザが不許可になる理由トップ3
  • 人文知識と国際業務の違いを説明できますか?
  • 就労ビザが取れるかを判断するリーガルチェックのポイント
  • 入国審査官は成績証明書のここを見る
  • 学校での履修科目と就労ビザの関連性

参加者を飽きさせないための工夫とは?

セミナーには、情報提供型と参加型があります。情報提供型の場合、基本的には講師が一方的に話すのですが、これだと参加者が飽きやすいです。オンラインセミナーの場合は、すぐに離脱されてしまいます。そこで、参加型にして時々クイズ形式にしたり、グループディスカッションをしたりすると、参加者の満足度が高くなり、その後の仕事にもつながるように感じています。具体的には下記です。

外国人雇用に関するクイズ

これは3択や〇×クイズにするとよいですね。例えば、「外国人就労者が多い都道府県ベスト3はどこですか?」、「昨年の就労ビザ許可率は次の3つのどれでしょうか?」「半導体製造工場の現場で技能実習生を受け入れることは可能か?」などです。

グループワーク

参加者を数名のグループに分けて、特定のテーマで意見交換してもらうのも良い方法です。この時、必ず講師がグループ分けをしましょう。そうでないと、均等なグループにならなかったり、グループに入れない人が出てきたりするからです。なお、ZOOMのグルーピング機能は非常に便利です。ランダムにグループ分けできますし、講師は自由にグループ間を行き来できます。

日本で働く外国人に登場してもらう

実際に日本で働く外国人に登場してもらい、外国人の目線から発言してもらうと、参加者の興味を引きます。講師の話の途中で、サプライズ的に、「それでは、ここで、実際に日本で働いている外国人の生の声を聞いてみましょう。今、本人と中継がつながっております」といった感じで、臨場感たっぷりに話すと、セミナーの空気感が変わるのを感じます。筆者の場合、その場で、参加企業からの質問を募集し、疑似面接をはじめてしまうこともあります。

書類選考の実況中継

最近、ユーチューブ等の動画配信サービスでは、ゲームの実況中継動画の人気が非常に高いようです。実況中継というのは、緊張感があり、台本がなく、泥臭いので、参加者の関心を引きやすいです。外国人雇用セミナーに応用すると、実際の応募者の履歴書画面を共有しながら、書類選考の実況中継(書類選考のポイント解説)をすることもできます。台本のない実況中継では、予期しない講師の本音が出ることもあり、聞いていてとても面白いですね。

複数の講師によるセミナー

複数の講師が登壇すると、参加者の集中力が切れにくくなります。この時、同年代の講師よりは、年代がばらけるほうが良いでしょう。例えば40代の男性講師ばかり登場するよりも、若い講師や女性講師がいれば、参加者が飽きにくいです。また、講師陣によるディスカッションも興味を引きやすいです。テーマだけ決めておき、参加型のディスカッションにするとより良いですね。オンラインセミナーの場合、チャット機能を使えば、参加者と双方向で話すこともできます。

参加者からの質問がないときの対策

参加者からの質問が多いと、講師のモチベーションも上がり、講義とは違った角度からの解説もでき、結果として、講師と参加者の両方にとってメリットがあります。しかし、質問がない、非常に少ない場合もあることでしょう。こうした場合を想定して、事前に質問リストを作っておくことをお勧めします。

講師が質問リストを見せながら、「時間の関係で全てに回答はできないのですが、この中で、聞きたい内容はありますか?」といった感じで参加者に問いかけると、何かしらの反応が返ってきます。挙手で多数決を取り、人気のある質問を決めてもよいでしょう。参考までに、最近のセミナーで筆者が使った質問リストの内容を下記に紹介します。

  • 外国人社員が1人だけだと、すぐにやめると聞いたけれど、実際はどうなの?
  • 人材紹介会社の選び方のポイントを知りたい
  • ベトナム人がよく使っているSNSは何ですか?
  • 日本人募集と外国人募集、一般的に採用費用が高いのはどっち?
  • 地方都市で外国人を募集する時にどのようにすればよいですか?
  • 特定技能外国人の離職率を知りたい
  • 就労ビザ手続きでは、会社はどんな書類を出すのですか?
  • 当社は大幅赤字だけれど、就労ビザを取れますか?
  • 当社は設立したばかりだけれど、就労ビザを取れますか?

オンラインセミナーで参加者が顔出しするメリット

オンラインセミナーで、顔出ししてくれる参加者が多いと、講師のモチベーションが上がります。そして、ここだけの話や泥臭い話など生の情報を話しやすくなります。

逆に、顔出しがほとんどない場合、参加者の反応が分からないため、どうしても一般的な話になってしまう傾向にあります。もちろん、参加者側の事情もあるのでしょうが、できるだけ顔出ししてもらうほうが、参加者も得をします。

在留資格の解説を面白くする工夫

在留資格は、法律で定められた制度であり、理論であるため、普通に話すと、非常につまらない話になってしまいます。在留資格のことをある程度知っている人にとっては、基本だけ話されても、興味を引きませんし、在留資格のことを全く知らない人にとっては、理論だけ話されても具体的なイメージができず消化不良になってしまいます。

この点で、筆者が工夫していることをお伝えします。まず、在留資格申請書一式の実物を見せるようにしています。もちろん、企業情報や個人情報は全て伏せています。そして、まちがいさがしをします。「この申請書類には間違いがあります。このままでは在留資格が許可されません。どこだと思いますか?」といった感じです。この間違い探しは、とても簡単な問題にしています。

また、セミナーの中では、在留資格の基本だけを数分で話して、あとは、裏話をするようにしています。例えば、出入国在留管理局のローカルルールについてです。某出入国在留管理局の窓口対応は非常に丁寧だが、審査官の言うことを真に受けると、痛い目にあった事例、審査官との交渉テクニック、審査官がこういった時は許可可能性大などですね。ここでは書けないような裏話もたくさんあります。現場の最前線にいる行政書士なら、たいてい面白い裏話をたくさん知っているので、行政書士に講師を依頼する時には、セミナーでしか話せない裏話をしてくださいねと頼んでみましょう。ほとんどの行政書士は、喜んで話してくれるはずです。在留資格の話で、爆笑をかっさらう話ができるような講師にあたれば、とても盛り上がるセミナーになること間違いなしです。


この記事を作成した人 つくばワールド行政書士事務所 行政書士 濵川恭一

 

相談の予約、お問い合わせは、下記フォームより送信ください。

    ※メール送信できない場合。お手数ですが、下記まで直接メールでお願いいたします。
    oto@svisa.net

    ※当事務所のサービスを必要とする方に、最大限のサポートを提供させていただくため、誠に恐縮ですが、以下のようなご事情の方は、有料相談をご利用ください。

    ・1年以上先に、ビザ申請する可能性があるため、事前に話を聞いておきたい
    ・手続きは既に他の事務所に依頼しているが、セカンドオピニオンを聞きたい
    ・非通知や匿名希望のご相談

    どのようなビザの相談ですか?
    技術・人文知識・国際業務(一般企業で働くビザ)経営管理ビザ配偶者ビザ永住者ビザその他

    ページトップへ戻る