行政書士が解説!会社を買収して社長になる場合 経営・管理ビザ取得のポイント

会社を買収し、経営管理ビザを取得することは可能 会社を買収して社長になる場合でも、経営管理ビザを取得することは可能です。自分で会社を作った場合でも、他人が作った会社を買収した場合でも、その経営管理活動に携わる点で、「経営…

続きを読む

行政書士が解説!不動産投資による経営・管理ビザ

不動産投資で経営・管理ビザを取得する条件とは 外国人が日本国内の投資用不動産を購入し、賃貸収入がある場合、経営・管理ビザを取得できる場合があります。ただし、それほど簡単ではありません。経営・管理ビザを取得するためには、不…

続きを読む

行政書士が解説!経営・管理ビザの更新 【要件、必要書類、留意点】

経営・管理ビザの更新は、他のビザの更新と比較して難しいです。原則として、更新時にも、新規取得時と同じ要件が求められるからです。 経営・管理ビザは会社設立当初の場合、1年間の期間となります。経営管理ビザはその名前の通り、経…

続きを読む

会社の資本金が500万円未満でも、経営・管理ビザを取得できますか?

常勤従業員(日本人か永住者)を2名以上雇用する 経営・管理ビザを取得するためには、原則として、資本金500万円以上の会社を設立し、その代表者となる必要があります。 資本金500万円未満の場合、常勤の従業員を2名以上雇用す…

続きを読む

 

相談の予約、お問い合わせは、下記フォームより送信ください。

    ※メール送信できない場合。お手数ですが、下記まで直接メールでお願いいたします。
    oto@svisa.net

    ※当事務所のサービスを必要とする方に、最大限のサポートを提供させていただくため、誠に恐縮ですが、以下のようなご事情の方は、有料相談をご利用ください。

    ・1年以上先に、ビザ申請する可能性があるため、事前に話を聞いておきたい
    ・手続きは既に他の事務所に依頼しているが、セカンドオピニオンを聞きたい
    ・非通知や匿名希望のご相談

    どのようなビザの相談ですか?
    技術・人文知識・国際業務(一般企業で働くビザ)経営管理ビザ配偶者ビザ永住者ビザその他

    ページトップへ戻る