経営管理ビザ取得の条件を行政書士が分かりやすく解説

経営・管理ビザとは、外国人が日本で起業する時や日本法人を設立して代表取締役になる時に取得するビザ(在留資格)です。このページでは、経営管理ビザの取得条件をできるだけわかりやすく解説します。 経営管理ビザの絶対要件 まず、…

続きを読む

外国人を飲食店で雇用する場合の特定技能ビザ。行政書士が要点だけ解説

弊社では、飲食店を経営しています。今回、はじめて外国人を正社員として採用します。特定技能ビザが良いと聞いたのですが、複雑すぎてよく分かりません。簡単に要点だけ教えてほしいです。 お問い合わせ、ありがとうございます。 確か…

続きを読む

専門行政書士が解説!経営管理ビザ よくある質問

このページでは、外国人が日本で会社を設立したり、代表取締役になったりして、経営管理ビザを申請する時によくある質問について解説しています。 経営管理ビザって何ですか? 経営管理ビザとは、就労可能な在留資格の一つであり、外国…

続きを読む

製造業における技人国ビザ よくある7つの質問

同じ職場に何人位までなら外国人を雇える? 技術ビザで雇うのか、国際業務ビザで雇うかによって、人数枠の考え方は異なります。技術ビザで雇う場合、仕事内容が技人国ビザに該当する(一定の専門的知識を要する業務)であれば人数制限は…

続きを読む

製造業における技人国ビザのボーダーライン

外国人の就労ビザには幾つかの種類がありますが、よく利用されるのは技人国ビザ(技術・人文知識・国際業務ビザ)です。製造業においても例外ではなく、技人国ビザで就労している外国人は全国で約48万人。その数は年々増加しています。…

続きを読む

行政書士が解説!家族滞在ビザの外国人をアルバイトで雇う時のポイント

就労ビザを持つ外国人の配偶者や子供は、家族滞在ビザを取得して日本で住み、週28時間以内の就労が可能です。家族滞在ビザ保有者は単純労働も可能であり、子供といっても20歳を超えた人も多く、貴重な戦力になります。本稿では、家族…

続きを読む

はじめて外国人留学生を受け入れる時のポイント(留学生受入学校向け)

この記事は、留学生の受入を検討している日本国内の大学や短期大学、高等専門学校、専門学校、日本語学校向けに書いた記事です。 日本国内の学校で留学生を受け入れる場合、学校側でやるべきことがいくつかあります。大きく分けると、以…

続きを読む

外国人雇用のDD(デュー・デリジェンス)のポイント

企業合併や企業買収の際、その企業での外国人雇用が合法なのか不法就労なのかを精査することは非常に重要です。万が一、不法就労をさせてしまった企業は、不法就労助長罪に問われる可能性があるからです。本稿では、不法就労とは何なのか…

続きを読む

相談事例:在留資格申請、いつ結果が出るのか知りたい

弊社では、2ヶ月前に就労ビザを申請したのですが、まだ結果が出ません。結果が出ないと、入社後の研修計画を立てられず困っています。出入国在留管理局に電話で聞いたら、「お答えできません」との回答でした。目安のようなものはあるの…

続きを読む

相談事例:特定技能ビザの必要書類 企業評価書作成のポイント

弊社では特定技能外国人を雇用しています。ただ、直近の決算で債務超過となってしまったため、追加書類として、専門家が作成した企業評価書を求められました。書き方が分からなくて困っています。 お問い合わせ、ありがとうございます。…

続きを読む

 

相談の予約、お問い合わせは、下記フォームより送信ください。

    ※メール送信できない場合。お手数ですが、下記まで直接メールでお願いいたします。
    oto@svisa.net

    ※当事務所のサービスを必要とする方に、最大限のサポートを提供させていただくため、誠に恐縮ですが、以下のようなご事情の方は、有料相談をご利用ください。

    ・1年以上先に、ビザ申請する可能性があるため、事前に話を聞いておきたい
    ・手続きは既に他の事務所に依頼しているが、セカンドオピニオンを聞きたい
    ・非通知や匿名希望のご相談

    どのようなビザの相談ですか?
    技術・人文知識・国際業務(一般企業で働くビザ)経営管理ビザ配偶者ビザ永住者ビザその他

    ページトップへ戻る