特定技能外国人を採用する際、企業側で行う支援内容とは

本稿は、月刊人材ビジネス誌 2020年11月号で執筆した内容を加筆修正して、掲載しております。 介護、建設、製造業などの分野で、少しずつ採用数が増えている特定技能外国人。この特定技能外国人を採用するためには、10の支援を…

続きを読む

建設業で特定技能外国人を雇用する方法を専門行政書士が解説!

建設会社で特定技能外国人を雇用する場合、いろいろな手続きが必要になります。その仕組みはかなり複雑ですが、ここでは、できるだけ分かりやすく説明しています。 特定技能ビザで雇用できる職種とは                 …

続きを読む

行政書士が解説!登録支援機関がやること、やってはいけないこと 

<人材会社からの相談> 弊社では特定技能外国人の登録支援業務を行いたいのですが、入国後の手続き(在留資格申請や支援業務)について、登録支援機関ができること、禁止されていることを知りたいです。また、人材会社、行政書士が行う…

続きを読む

建設業 外国人を特定技能ビザで雇用する方法

技能実習→特定技能ビザへの切替 3年間雇用している技能実習生がいる場合、特定技能ビザに切り替えることで、永続的な雇用が可能となります。技能実習生として来日してから、2年10ヶ月が経過した時点で、切り替えの手続きが可能です…

続きを読む

 

相談の予約、お問い合わせは、下記フォームより送信ください。

    ※メール送信できない場合。お手数ですが、下記まで直接メールでお願いいたします。
    oto@svisa.net

    ※当事務所のサービスを必要とする方に、最大限のサポートを提供させていただくため、誠に恐縮ですが、以下のようなご事情の方は、有料相談をご利用ください。

    ・1年以上先に、ビザ申請する可能性があるため、事前に話を聞いておきたい
    ・手続きは既に他の事務所に依頼しているが、セカンドオピニオンを聞きたい
    ・非通知や匿名希望のご相談

    どのようなビザの相談ですか?
    技術・人文知識・国際業務(一般企業で働くビザ)経営管理ビザ配偶者ビザ永住者ビザその他

    ページトップへ戻る