新規でビザ(在留資格認定証明書)を取得したけれど、使わなかった場合

海外から呼び寄せるためのビザ申請をして、許可された場合、「在留資格認定証明書」という書類が発行されます。在留資格認定証明書とは、日本の出入国在留管理局が、当該外国人と受入機関(企業や日本に住む配偶者等)を審査し、入国要件を満たしていることを証明する書類です。つまり、この書類があれば、母国で査証を取る時にスムーズに手続きができます。

この書類の有効期限は、3ヶ月となっています。つまり、書類が発行されてから3ヶ月以内に日本に入国しないと、せっかく取った在留資格認定証明書が無効となってしまいます。

ビザ申請時と状況が変わってしまい、内定が中止になったり、延期になってしまった場合、改めてビザの申請をすることになります。その時、在留資格認定証明書(コピーでも可)を添付して申請すると、審査がスムーズです。前に一度、許可が出ているため、大きく状況が変わっていなければ、次回も許可される可能性が非常に高いです。ですから、認定証明書を使わないからといって、処分しないように注意してください。

認定証明書が発行された外国人と違う人を採用したい場合

この場合、使用しなかった在留資格認定証明書とともに、使用しなかった理由を簡単に書いて、改めて在留資格認定証明書交付申請をすることになります。

特に従業員が少ない会社の場合、外国人社員を複数名採用する理由について説明する必要がありますので、採用しなかった外国人については、その旨を説明しておいたほうがよいです。

 

 

メールで相談の予約をご希望の方は、下記フォームより情報を送信ください。24時間承っておりますが、返信にお時間を頂戴する場合がございます。お急ぎの方はお電話にてご予約ください。

ご相談 (必須)

その方は日本におられますか?
日本にいる(在留カードを持っている)観光ビザ、短期ビザで日本滞在中日本にはいない

どのようなビザの相談ですか?
配偶者ビザ永住者ビザ高度専門職ビザ技術・人文知識・国際業務(一般企業で働くビザ)技能(外国料理のコック)経営管理(外国人が起業する、外国人社長を招聘するビザ)その他

ご相談日時(第一希望)
希望時間:

ご相談日時(第二希望)
希望時間:

ご相談日時(第三希望)
希望時間:

※ご希望の日時に他のご相談者様の先約などが入っている場合は、別の日時をご提案させていただく場合がございます。

ページトップへ戻る