外国人のスポーツ指導者、コーチを海外から呼ぶときのビザ【技能ビザ】

外国人のスポーツ指導者やコーチの就労ビザは難しい?

外国人のスポーツ指導者やコーチを海外から呼び、日本で指導者として活動してもらうためには、就労ビザ(正確には、「技能ビザ」)を取る必要があります。

この技能ビザを取るためには、本人の要件、雇用主の要件があり、その両方を満たしていることを証明することが必要です。

本人の要件

以下のいずれかを満たす必要があります。

  • 指導するスポーツについて、3年以上の指導経験があること
  • 指導するスポーツについて、3年以上の選手経験があること
  • 指導するスポーツについて、オリンピック大会や世界選手権大会、その他の国際的な競技会に出場した経験があること

指導経験や選手経験については、プロ、アマを問いませんが、プロのほうがその経験や能力を証明しやすいため、技能ビザの許可率も高くなっています。

また、大前提として、「我が国の競技水準の向上につなげるため」の招聘であることが必要です。(スポーツ基本法 第19条の主旨に沿ったものであること)

雇用主(雇用する会社)の要件

  • 同等レベルの日本人指導者と同等以上の報酬を支給すること
  • 本人に安定的、継続的に報酬を支払える経営状況であること(決算書類等から判断されます)
  • 指導する場所、指導対象者などについて明確に説明できること(通常、書面にて指導内容についての詳細説明書を作成します)

技能ビザの取得をフルサポートします

技能ビザの取得は簡単ではありません。書類の出し方を間違えたり、説明書の書き方が不十分であると、許可が出ません。また、実務経験の証明方法には複数あり、個別具体ケースによって異なります。

当事務所では、技能ビザが取れるかどうかの判断、必要書類のアドバイス、説明書の作成、出入国在留管理局での申請代行などを行い、技能ビザが確実に取得できるよう手続きを進めております。

許可事例(一例)

直近5年間の許可事例(一例)を紹介します。

  • サッカーの指導者(欧米人)
  • バスケットボールの指導者(米国人、韓国人等)
  • ヨガインストラクター(国際ライセンスを持つ米国人等)
  • アスレチックインストラクター(カナダ人、オーストラリア人等)
  • ダイビングインストラクター(国籍多数)

競技スポーツだけでなく、生涯スポーツの指導者(インストラクター)も許可になっております。

なお、バレエやタンゴダンスの指導者については、「芸術ビザ」を申請し、許可になっております。

つくばワールド行政書士事務所では、じっくりとお客様の状況やご要望をお聞きし、質の高い相談を提供したいと考えているため、初回に限り、1時間あたり11,000円の相談料をいただいております。
 
オンライン(ZOOM、スカイプ等)、面談、電話の中から、ご都合のよい方法をお選びください。行政書士の予定があいていれば、当日のご予約も可能です。貴社内での相談等をご希望の場合、別途交通費をいただいております。

なお、相談後、コンサルティング業務等を依頼いただいた場合、相談料は業務料金の一部に充当します(実質無料相談)。

有料相談に含まれること
●専門行政書士による質の高い相談
●相談後に要点メモをメールします(メモを取る必要がないので相談に集中できます。また、上司等への報告書や稟議書にも使用できます)
●関連資料のご提供(なかなか探しにくい法務省ガイドラインや過去判例の該当ページコピーなど
●相談後に追加質問がある場合、1週間以内であればメール1往復での追加相談可能
●その他、時間内で対応できること(文章作成、書類チェックなど)

有料相談のお申込み、ご質問などは、本ページ右上の「お問い合わせ」からご連絡ください。


この記事を作成した人 つくばワールド行政書士事務所 行政書士 濵川恭一

 

 

相談の予約、お問い合わせは、下記フォームより送信ください。

    ※メール送信できない場合。お手数ですが、下記まで直接メールでお願いいたします。
    oto@svisa.net

    ※当事務所のサービスを必要とする方に、最大限のサポートを提供させていただくため、誠に恐縮ですが、以下のようなご事情の方は、有料相談をご利用ください。

    ・1年以上先に、ビザ申請する可能性があるため、事前に話を聞いておきたい
    ・手続きは既に他の事務所に依頼しているが、セカンドオピニオンを聞きたい
    ・非通知や匿名希望のご相談

    どのようなビザの相談ですか?
    技術・人文知識・国際業務(一般企業で働くビザ)経営管理ビザ配偶者ビザ永住者ビザその他

    ページトップへ戻る