在留期限が過ぎた場合、ビザの再取得できますか?

日本にいて、在留期限が過ぎてしまった場合

在留資格の更新手続きを忘れ、在留期限を経過してしまった場合、すぐに本人が最寄の出入国在留管理局へ出頭してください。そうしないと、不法滞在(オーバーステイ)になります。通常、在留期限から2ヶ月以内であれば、更新できることが多いです。ただし、簡単ではありません。追加で必要となる書類があります。状況によって必要な追加書類は異なりますが、下記のような書類を用意してすぐに更新手続きを行ってください。

就労系ビザの場合 通常の申請書類一式に加え、在職証明書、勤務先から発行された継続雇用を説明した文書(任意書式でOK)、在留期限が過ぎてしまった理由書
日本人の配偶者等ビザの場合 通常の申請書類一式に加え、夫婦同居の証拠、在留期限が過ぎてしまった理由書
留学ビザの場合

通常の申請書類一式に加え、在留期限が過ぎてしまった理由書

学校を休学中に、在留期限を超えてしまった場合、休学の経緯、理由、復学予定などを説明した文書

なお、本来の活動を行っていない場合は、さらに難しくなります。例えば、就労ビザを持っている外国人が転職活動中(無職)である、留学ビザを持っている外国人が休学中である場合などです。こうした場合、更新できるケースとできないケースがあります。状況によって対策は異なりますが、いずれにしても有利な情報を積極的に提出して、更新手続きをするようにしてください。

学校を休学中に、在留期限を超えてしまった場合、休学の経緯、理由、復学予定などを説明した文書を付けたほうがよいでしょう。

海外にいる間に在留期限が切れた場合

海外にいる間に、在留期限が過ぎてしまった場合、ビザの再取得が必要となります。具体的には、在留資格認定証明書交付申請という手続きです。

通常、従前に持っていたビザと同じビザを再取得する場合、通常よりも早期に許可されています。ただし、下記のような場合は、通常の在留資格更新よりも難易度が高くなります。以下のような場合は専門家に相談されたほうがよいですね。

  • 長期にわたり出国していた
  • 前に勤務していた会社をやめていて、別の会社に勤務している

なお、日本にいる親しい親族(配偶者)などに万が一のことがあり、緊急来日する必要がある場合、今いる国の日本領事館で相談してみてください。人道的配慮が必要な場合、即日もしくは翌日には査証(日本入国許可証)が発行されます。親族が入院したという程度ではなく、それ以上の重篤な状況になった場合の特例と考えてください。

 

日本人の配偶者ビザ 再取得の必要書類

本人(外国人)に関する書類

  • 証明写真(3ヶ月以内に撮影したもの 縦40×横30mm)
  • パスポートのコピー(顔写真ページ)
  • 期限切れの在留カード(コピー)

日本人の夫、妻に関する書類

  • 戸籍謄本
  • 住民票(世帯全員分記載のもの)
  • 直近年度 住民税の課税証明書(市区役所で取得。年間所得額が記載されたもの)
  • 直近年度 住民税の納税証明書(未納ないこと。納期未到来未納分はOK)

※上記の他に必要な説明書類は当事務所で作成し、署名捺印いただきます。

就労系ビザ 再取得に必要な書類

本人に関する書類

  • 証明写真(3ヶ月以内に撮影したもの 縦40×横30mm)
  • パスポートのコピー(顔写真ページ)
  • 期限切れの在留カード(コピー)
  • 直近年度 住民税の課税証明書(市役所発行)
  • 直近年度 住民税の納税証明書(市役所発行)
  • 在職証明書
  • 申請理由書(更新を忘れた経緯、現在の仕事内容などを記載した書類)

雇用主に関する書類

  • 登記事項証明書
  • 直近年の決算書類
  • 直近年分の職員の給与所得の源泉徴収票等の法定調書合計表(税務署受付印あるもの)
  • 申請理由書(雇用主として引き続き雇用する明確な意思を示した書類)

※上記の他に必要な説明書類は当事務所で作成し、署名捺印いただきます。

留学ビザ 再取得に必要な書類

本人に関する書類

  • 証明写真(3ヶ月以内に撮影したもの 縦40×横30mm)
  • パスポートのコピー(顔写真ページ)
  • 期限切れの在留カード(コピー)

学校に関する書類

  • 申請理由書(留学ビザ再取得の理由、現時点での修得単位数、在学状況、卒業予定などを記載したのもの)

※コロナの影響によるビザ再取得の場合、学校側の書類は簡素化されています。上記理由書については、当事務所側で作成し、署名捺印いただきます。

初回相談料 1時間 11,000円
つくばワールド行政書士事務所では、じっくりとお客様の状況やご要望をお聞きし、質の高い相談を提供したいと考えているため、初回に限り、1時間あたり11,000円の相談料をいただいております。
 
オンライン(ZOOM、スカイプ等)、面談、電話の中から、ご都合のよい方法をお選びください。行政書士の予定があいていれば、当日のご予約も可能です。貴社内での相談等をご希望の場合、別途交通費をいただいております。
 
なお、相談後、ビザ申請代行業務等を依頼いただいた場合、相談料は業務料金の一部に充当します(実質無料相談)。
 

この記事を作成した人 つくばワールド行政書士事務所 行政書士 濵川恭一

 

 

相談の予約、お問い合わせは、下記フォームより送信ください。

    ※メール送信できない場合。お手数ですが、下記まで直接メールでお願いいたします。
    oto@svisa.net

    ※当事務所のサービスを必要とする方に、最大限のサポートを提供させていただくため、誠に恐縮ですが、以下のようなご事情の方は、有料相談をご利用ください。

    ・1年以上先に、ビザ申請する可能性があるため、事前に話を聞いておきたい
    ・手続きは既に他の事務所に依頼しているが、セカンドオピニオンを聞きたい
    ・非通知や匿名希望のご相談

    どのようなビザの相談ですか?
    技術・人文知識・国際業務(一般企業で働くビザ)経営管理ビザ配偶者ビザ永住者ビザその他

    ページトップへ戻る