在留期限が過ぎた場合、ビザの再取得できますか?

日本にいて、在留期限が過ぎてしまった場合

在留資格の更新手続きを忘れ、在留期限を経過してしまった場合、すぐに本人が最寄の出入国在留管理局へ出頭してください。そうしないと、不法滞在(オーバーステイ)になります。通常、在留期限から2ヶ月以内であれば、更新できることが多いです。ただし、簡単ではありません。追加で必要となる書類があります。状況によって必要な追加書類は異なりますが、下記のような書類を用意してすぐに更新手続きを行ってください。

  • 就労系ビザ更新の場合、在職証明書、勤務先から発行された継続雇用を説明した文書(任意書式でOK)
  • 学校を休学中に、在留期限を超えてしまった場合、休学の経緯、理由、復学予定などを説明した文書

なお、本来の活動を行っていない場合は、さらに難しくなります。例えば、就労ビザを持っている外国人が転職活動中(無職)である、留学ビザを持っている外国人が休学中である場合などです。こうした場合、更新できるケースとできないケースがあります。状況によって対策は異なりますが、いずれにしても有利な情報を積極的に提出して、更新手続きをするようにしてください。

学校を休学中に、在留期限を超えてしまった場合、休学の経緯、理由、復学予定などを説明した文書を付けたほうがよいでしょう。

海外にいる間に在留期限が切れた場合

海外にいる間に、在留期限が過ぎてしまった場合、在留期限の日から2ヶ月以内であれば入国できる可能性が高いです。絶対大丈夫という扱いではありませんが、成田空港等の出入国在留管理局では、入国できているようです。

在留期限の日から2ヶ月を経過してしまった場合は、ビザの再取得が必要となります。具体的には、在留資格認定証明書交付申請という手続きです。

通常、この手続きには多数の書類が必要であり、更新に比べて審査期間も長いですが、従前に持っていたビザと同じビザを再取得する場合、通常よりも早期に許可されています。

日本人の配偶者ビザ 再取得の必要書類

本人(外国人)に関する書類

  • 証明写真(3ヶ月以内に撮影したもの 縦40×横30mm)
  • パスポートのコピー(顔写真ページ)
  • 期限切れの在留カード(コピー)

日本人の夫、妻に関する書類

  • 戸籍謄本
  • 住民票(世帯全員分記載のもの)
  • 直近年度 住民税の課税証明書(市区役所で取得。年間所得額が記載されたもの)
  • 直近年度 住民税の納税証明書(未納ないこと。納期未到来未納分はOK)

※上記の他に必要な説明書類は当事務所で作成し、署名捺印いただきます。

就労系ビザ 再取得に必要な書類

本人に関する書類

  • 証明写真(3ヶ月以内に撮影したもの 縦40×横30mm)
  • パスポートのコピー(顔写真ページ)
  • 期限切れの在留カード(コピー)
  • 直近年度 住民税の課税証明書(市役所発行)
  • 直近年度 住民税の納税証明書(市役所発行)
  • 在職証明書
  • 申請理由書(更新を忘れた経緯、現在の仕事内容などを記載した書類)

雇用主に関する書類

  • 登記事項証明書
  • 直近年の決算書類
  • 直近年分の職員の給与所得の源泉徴収票等の法定調書合計表(税務署受付印あるもの)
  • 申請理由書(雇用主として引き続き雇用する明確な意思を示した書類)

※上記の他に必要な説明書類は当事務所で作成し、署名捺印いただきます。

留学ビザ 再取得に必要な書類

本人に関する書類

  • 証明写真(3ヶ月以内に撮影したもの 縦40×横30mm)
  • パスポートのコピー(顔写真ページ)
  • 期限切れの在留カード(コピー)

学校に関する書類

  • 申請理由書(留学ビザ再取得の理由、現時点での修得単位数、在学状況、卒業予定などを記載したのもの)

※コロナの影響によるビザ再取得の場合、学校側の書類は簡素化されています。上記理由書については、当事務所側で作成し、署名捺印いただきます。

ビザの再取得手続き ご依頼の流れ

  1. 初回相談。ビザ取得可能性、必要書類、全体の流れなどを打合せさせていただきます。ZOOMでの相談も可能です。ここまでは無料です
  2. 当事務所→お客様 ご用意いただく書類リスト(ひな形含む)をお渡しします。書類リストの書類をご用意ください。
  3. 上記書類をもとに、当事務所で、在留資格申請書、各種説明書、会社関係説明書などの説明書類一式を作成します。
  4. 3の書類を確認いただき、署名捺印をお願いします(郵送でのやりとり)
  5. 当事務所が出入国在留管理局での申請代行、審査状況確認、受け取りまで代行します。

※お客様に行っていただくことは、①書類の用意、②説明書類の確認、捺印 となります。つまり、専門知識が必要な業務、各種説明書類の作成、行政庁への申請業務は、当事務所で行います。

ビザの再取得手続き 料金

日本人の配偶者ビザ(フルサポート) 100,000円+税
日本人の配偶者ビザ(書類作成のみ) 80,000円+税

※書類作成のプランの場合、管轄の出入国在留管理局への書類提出(申請)は、配偶者の方(日本人)にお願いしております。

就労系ビザ(フルサポート) 100,000円+税
就労系ビザ(書類作成のみ) 80,000円+税

※書類作成のプランの場合、管轄の出入国在留管理局への書類提出(申請)は、本人もしくは勤務先の人事担当者にお願いしております。

留学ビザ(フルサポート) 50,000円+税
留学ビザ(書類作成のみ) 30,000円+税

※書類作成のプランの場合、管轄の出入国在留管理局への書類提出(申請)は、本人もしくは学校職員の方にお願いしております。

 

 

メールで相談の予約をご希望の方は、下記フォームより情報を送信ください。24時間承っておりますが、返信にお時間を頂戴する場合がございます。お急ぎの方はお電話にてご予約ください。

茨城県在住の方(法人含む)、ご友人などに紹介されて当事務所を知った方は、初回相談無料です。

どのようなビザの相談ですか?
技術・人文知識・国際業務(一般企業で働くビザ)経営管理ビザ配偶者ビザ永住者ビザその他

ページトップへ戻る