外国人がアルバイトをする場合に必要な手続き

外国人がアルバイトをする場合には、「資格外活動許可」を得ている必要があります。資格外活動許可には、大きく「包括許可」と「個別許可」に分けることができます。それぞれ内容を説明していきます。

包括許可は、一定の時間の範囲内であれば、アルバイト先や時間を固定しない、一律的かつ包括的なものです。この場合、アルバイト先を変更しても、包括的に許可された範囲内であれば、改めて資格外活動許可を受ける必要はありません。

これは「留学」、「家族滞在」、「特定活動(就職活動をする場合のみ)」の3つのうちいずれかをお持ちの場合に与えられるもので、週に28時間以内(留学生で夏季休暇等の長期休暇中の場合は1日8時間以内)に限りアルバイトをすることができます。

 

個別許可は、上記の3つ以外でかつ就労制限のある在留資格をお持ちの方がアルバイト等の資格外活動をする場合に受ける必要のあるものです。

個別という名称のとおり、アルバイト先等が固定され個別的に与えられる許可です。

アルバイト先が決まってから、そこで働きたいから許可をくださいと申請し、そのアルバイト先であればOKと出入国在留管理局長の許可をもらえばそこでアルバイトできます。

個別的な許可ですので、アルバイト先を変更する場合には許可は失効し、新たなアルバイト先のための許可を貰いなおさなければなりません。

 

なお、アルバイト等資格外活動をする場合は、それがどんなに楽しくても、現在お持ちの在留資格の活動を妨げるほどに専念するのはよくありません。あまりにアルバイト等に熱心になりすぎると、専従資格外活動つまりお持ちの在留資格の活動をおろそかにし、アルバイト等の資格外活動が中心の生活をしていると判断され、次回の更新に影響を及ぼす可能性があるので注意が必要です。

 

 

メールで相談の予約をご希望の方は、下記フォームより情報を送信ください。24時間承っておりますが、返信にお時間を頂戴する場合がございます。お急ぎの方はお電話にてご予約ください。

ご相談 (必須)

その方は日本におられますか?
日本にいる(在留カードを持っている)観光ビザ、短期ビザで日本滞在中日本にはいない

どのようなビザの相談ですか?
配偶者ビザ永住者ビザ高度専門職ビザ技術・人文知識・国際業務(一般企業で働くビザ)技能(外国料理のコック)経営管理(外国人が起業する、外国人社長を招聘するビザ)その他

ご相談日時(第一希望)
希望時間:

ご相談日時(第二希望)
希望時間:

ご相談日時(第三希望)
希望時間:

※ご希望の日時に他のご相談者様の先約などが入っている場合は、別の日時をご提案させていただく場合がございます。

以下、就労ビザのご相談の方のみご記入ください。

今回入社する(内定した)外国人はどのような仕事を担当しますか?
通訳翻訳貿易業務販売促進(マーケティング)営業IT設計技術開発その他

ページトップへ戻る