元日本人、親が日本人の場合 ビザの取り方

日本人の実子でも外国人であるケース

日本人の実子であっても、日本国籍を持っていない場合があります。例えば、以下のようなケースです。

  • 外国で帰化をした(例:米国籍になった)
  • 国籍留保していたが、22歳になって外国籍を選択した。
  • 両親のいずれかが外国人であり、その外国人親の国籍を選択した。

日本人の実子は、「日本人の配偶者等」ビザを取得できる

日本人の実子の場合、「日本人の配偶者等」という在留資格の要件に該当します。この日本人の配偶者等

日本人の実子 ビザ申請に必要な書類

 

 

相談の予約、お問い合わせは、下記フォームより送信ください。

    ※メール送信できない場合。お手数ですが、下記まで直接メールでお願いいたします。
    oto@svisa.net

    ※当事務所のサービスを必要とする方に、最大限のサポートを提供させていただくため、誠に恐縮ですが、以下のようなご事情の方は、有料相談をご利用ください。

    ・1年以上先に、ビザ申請する可能性があるため、事前に話を聞いておきたい
    ・手続きは既に他の事務所に依頼しているが、セカンドオピニオンを聞きたい
    ・非通知や匿名希望のご相談

    どのようなビザの相談ですか?
    技術・人文知識・国際業務(一般企業で働くビザ)経営管理ビザ配偶者ビザ永住者ビザその他

    ページトップへ戻る