外国の大学からのインターンシップ受け入れのためのビザ

対象者

  • 現在、外国において、学位の授与される大学に在籍する者
    ※短期大学の場合、国によっては審査上不利になる可能性があります。

要件(インターンシップ)

  • インターン活動により、当該大学の単位を取得できること
  • インターン期間が1年以内であること
  • 活動内容が就労ビザに該当すること(現行の審査では重視する傾向にあり)

要件(サマージョブ等)

  • インターン期間が、当該大学の長期休暇期間(夏休み等)であること
  • インターン期間が、3ヶ月以内であること

 

在留資格申請の必要書類

  • 在留資格認定証明書交付申請書
  • 本人の証明写真(4×3cm)
  • 本人の在学証明書
  • インターンシップに関する契約書(外国の大学と日本の勤務先企業との契約書)
  • 外国の大学が発行したインターンシップ承認書
  • インターン活動により、当該大学の単位を取得できることを証明する文書
  • インターンシップの条件通知書(活動内容、期間、報酬を記載したもの)
  • 過去にインターンシップをしたことがある場合→インターンシップ報告書
  • その他(インターンシップを受け入れることになった経緯書など)

 

 

メールで相談の予約をご希望の方は、下記フォームより情報を送信ください。24時間承っておりますが、返信にお時間を頂戴する場合がございます。お急ぎの方はお電話にてご予約ください。

ご相談 (必須)

その方は日本におられますか?
日本にいる(在留カードを持っている)観光ビザ、短期ビザで日本滞在中日本にはいない

どのようなビザの相談ですか?
配偶者ビザ永住者ビザ高度専門職ビザ技術・人文知識・国際業務(一般企業で働くビザ)技能(外国料理のコック)経営管理(外国人が起業する、外国人社長を招聘するビザ)その他

ご相談日時(第一希望)
希望時間:

ご相談日時(第二希望)
希望時間:

ご相談日時(第三希望)
希望時間:

※ご希望の日時に他のご相談者様の先約などが入っている場合は、別の日時をご提案させていただく場合がございます。

以下、就労ビザのご相談の方のみご記入ください。

今回入社する(内定した)外国人はどのような仕事を担当しますか?
通訳翻訳貿易業務販売促進(マーケティング)営業IT設計技術開発その他

ページトップへ戻る