3年ビザが1年ビザになってしまったのですが、原因は何ですか?

5年ビザや3年ビザを持っている方が、ビザ更新の時に、1年ビザになってしまうことがあります。この原因として考えられる理由としては、下記が挙げられます。
  1. 転職したばかりである。
  2. 会社の決算状況があまりよくない(大幅な赤字など)
  3. 職務内容の説明が不十分である。
  4. 休職期間がある。
  5. その他
1の場合、次回の更新時には、3年ビザになる可能性があります。
2の場合、次回の更新時には、直近3年分の決算書類、事業計画書などを出すことにより、長期的には安定した経営状態であることをアピールすることができます。
最近多いケースが3になります。ビザの許可基準はどんどん厳しくなっており、数年前なら、職務内容に関する詳細な説明(職務内容、職務の必要性、業務量など)は不要であることが多かったのですが、最近の申請ではこうした説明を求められます。
1年ビザになってしまったということは、1年後には不許可になってしまう可能性もあります。
ですから、この1年間で、ビザ基準に該当している実績をしっかりと作る必要があります。
具体的にどんなことをすればよいかについては、個々のケースにより異なりますので、お問い合わせください。次回の更新時には、3年ビザをとれるように、今からできることもあります。なお、具体的な相談については、有料となります。

外国人のビザ・帰化・アポスティーユ等で何かお困りでしょうか

▲ページトップへ