就労ビザと会社設立を行政書士がサポートします

日本で就職(起業)したので、就労ビザの申請が必要になった!

 外国人が日本で働く場合(外国人を雇用する場合)、原則として、就労可能な在留資格の申請(就労ビザ申請)をする必要があります。現在、約16種類の就労ビザがあり、本人の学歴や仕事内容によって、どのビザを取得できるのかが決まります。

nagare

就職(内定)すると自動的に就労ビザがもらえるわけではなく、申請して、審査をパスしてはじめて取得できる仕組みになっております。

ビザを申請するための手続きでのお悩み

就労ビザを申請するためには、以下のような資料をしっかり揃えた後、申請しなければなりません。

  • 卒業した学校、役所、大使館等から必要書類の取り寄せ
  • 本人の学歴・職歴、会社の事業内容、本人が従事する職務内容に関する説明書の作成
  • 上記の根拠書類・証拠の収集

そのため、時間や労力の面でお困りの方も、多くいらっしゃることと思います。

就労ビザに必要な書類や証明資料の判断が難しい

また、就労ビザや投資経営ビザの申請に必要な書類は、本人の学歴、職歴、会社の規模、売上、業種、本人が従事する職務内容などなどによって大きく異なります。

muzukashiiたとえば、学歴に関しては、

  • 単純に卒業証明書を提出すればよい場合
  • 本国の公的機関から認証を受ける必要がある場合
  • 本国の教育制度に関する説明書まで提出すべき場合

などがあります。そのため、どの書類をどれだけ用意すればよいのか、判断が難しい面もあります。

 

年間100件以上、50ヵ国以上の実績。安心してお任せいただけます

hamasan当事務所は、こうした面倒なビザ申請につきまして、これまで様々なご相談を頂き、ビザ専門行政書士事務所として、日々多くの手続きの代行を行ってまいりました。

外国人のビザ・帰化の申請につきましては、年間100件以上の実績がございます。また、就労ビザを取得した外国人の配偶者や子供のビザ(家族滞在ビザ)についても、フルサポートしております。

country

当事務所でサポート可能な手続き

toushi

syuurou

その他のサポート可能なビザ・帰化申請手続き

  • 株式会社・合同会社の設立、法人口座開設のサポート
  • 外国人の投資経営ビザ
  • 株式会社、NPO法人、社団法人等で外国人を採用する時のビザ
  • 飲食店で外国人を採用する時のビザ
  • 海外の子会社、関連会社から外国人社員を呼ぶためのビザ
  • 外国人技能実習生を受け入れるためのビザ
  • >語学学校で語学講師を呼びよせる時のビザ
  • 外国人タレントやモデル、ダンサー等を海外から呼ぶためのビザ
  • 外国人従業員の家族(妻・夫・子)を日本に呼び寄せる時のビザ
  • 面接や入社前研修、商談等のため、90日以内の間、日本に滞在するためのビザ
  • 外国人が日本人と結婚した時のビザ
  • 外国人の永住者ビザ
  • 帰化申請(日本国籍の取得)

ご依頼のメリット

煩雑な申請書類の作成を専門家に依頼できる

自社で手続きする場合、書類の書き方を調べ、自社の実情にあった追加書類(立証資料)も作成する必要があります。こうした書類作成だけでも多くの時間がかかります。

何度も入国管理局に行かなくてもよい

自社で申請を行う場合、入国管理局に2~3回行く必要があります。行く度に番号札を取って並び、時には数時間待たされることもあります。往復にかかる時間や交通費もばかになりません。当方にお任せいただければ、申請手続きに関してお客様が入国管理局に行く必要はありません。

自社で手続きするよりも短期間で申請できる

当方に依頼いただければ、可能な限り最短の期間で申請します。

当事務所の就労系ビザ申請 許可実績

東京ワールド行政書士事務所では、これまで世界50ヶ国以上の方の就労ビザ申請、法人設立のサポートをさせていただきました。

詳しい事例については、事例紹介ページをご覧ください。

また、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、茨城県、栃木県、長野県、山梨県、静岡県、新潟県、大阪府、京都府、愛知県、三重県、福岡県、沖縄県の企業様からご依頼を受けた実績がございます。具体的な国としては、中国、韓国、台湾、タイ、オーストラリア、シンガポール、インド、インドネシア、ロシア、ウクライナ、ウズベキスタン、トルコ、チェコ、イタリア、フランス、イギリス、デンマーク、スペイン、ミャンマー、バングラディッシュ、ラオス、ブラジル、ペルー、エジプト、エチオピアなどです。

ビル

料金について

料金の目安は以下になります。ほとんどのケースでこの料金のみで受任しております。難易度が高い案件については、初回の無料相談時に明確な料金を提示しております。

当事務所の料金は、業界標準とほぼ同じか少し低めに設定しております。

  • 就労ビザの申請 ・・・ 105,000円(万が一不許可の場合、全額返金保証)
  • 投資経営ビザの申請 ・・・ 160,000円(万が一不許可の場合、全額返金保証)
  • 各種法人の設立

失敗しない行政書士事務所の選び方

行政書士事務所を選ばれる際は、料金だけでなく、実績やサービス内容(どこまでやってもらえるのか)などを確認された上で依頼されることをお勧めいたします。また、ビザ申請に関しては、ビザ専門の行政書士事務所に依頼されたほうが、圧倒的に手続きがスムーズです。

実績のある行政書士の見分け方

  • 申請取次行政書士である(ふつうの行政書士に依頼した場合、お客様自身が行政書士と一緒に入管に行く必要があります)
  • 手続きの流れや必要書類リスト、料金案内などがしっかりと書面で用意されている。
  • 質問に対して、正確で具体的な回答が得られる。(「後で調べて回答します」が多いようであれば、経験不足の可能性大)
  • 業務に関する執筆やセミナー講師の実績がある。

外国人のビザ・帰化・アポスティーユ等で何かお困りでしょうか

▲ページトップへ