就労ビザ

外国人が日本で働く場合に必要となる就労ビザ

syuurou_s

外国人を雇用する場合、就労可能な在留資格の申請(就労ビザ申請)をする必要があります。

現在、就労ビザは10種類以上ありますが、主要なものは下記です。ビザの種類によって、取得条件や必要書類が異なります。

  • 技術・国際業務・人文知識ビザ(一般企業で通訳翻訳、営業などを行うビザ)
  • 技能(外国料理店で調理を行うためのビザ)
  • 企業内転勤(外国の子会社、関連会社から社員を呼ぶ)
  • 教育(公立の小中高等学校において、語学教師として働くビザ)
  • 興行(プロスポーツ選手、アーティストの公演活動等のためのビザ)
  • 医療(医師、看護師として働くビザ)
  • 介護(介護士として働くビザ)

また、就労ビザに関連するビザとしては、下記があります。

  • 経営管理(経営者のビザ)
  • 技能実習(外国人技能実習生のビザ)
  • 研修(教育機関や企業において研修活動を行うビザ)
  • 短期商用(3ヶ月以内の日本出張のためのビザ)
  • 特定活動告示9号(インターンシップ、サマージョブ活動のビザ)

就労ビザについてのよくある質問はこちら

当事務所のビザ取得事例

当事務所でサポートさせていただいた就労ビザの一例です。より詳しい情報については、事例紹介のページでも紹介しております。
記載内容 (会社の業種/外国人の担当職務)

  • 国立大学大学院/通訳翻訳
  • 私立大学/総合職
  • 特許事務所/弁理士補助職
  • 金融機関/通訳翻訳
  • 貸金事業会社/営業
  • 旅行会社/営業【多数実績あり】
  • 雑誌出版社/通訳翻訳
  • 不動産会社/賃貸営業【多数実績あり】
  • 不動産開発会社/営業
  • 投資顧問会社/営業
  • 機械メーカー/外国本社との連絡調整担当
  • 機械メーカー/生産管理
  • 電子機器メーカー/設計
  • ゲームソフト開発会社/開発
  • IT会社/SE【多数実績あり】
  • IT会社/ブリッジSE(文系)
  • 建設会社/設計
  • 太陽光発電事業会社/営業
  • 自動車教習所/販売促進
  • 事業協同組合/実習生の相談員【多数実績あり】
  • 社会福祉法人/営業
  • NPO法人/商品開発
  • 大手小売店本部/バイヤー
  • 国際結婚相談所/通訳翻訳
  • 芸能事務所/営業
  • 画廊/営業
  • 人材派遣会社/営業【多数実績あり】
  • 人材紹介会社/営業
  • 免税店/通訳翻訳【多数実績あり】
  • ホテル/通訳翻訳【多数実績あり】
  • 簡易宿泊所/通訳翻訳
  • 外食産業/通訳翻訳、マーケティング等
  • インターナショナルスクール/語学講師

 

当事務所にご依頼いただくメリット

自社で申請するよりも早く申請できます

採用される外国人の学歴や職歴、貴社での職務内容などによっては、必要書類が多岐にわたり煩 雑になるケースもあります。当事務所では、直近の類似事例等も調査し、どのような書類が必要なのかを判断し、入管の審査がスムーズにいくような方法で申請 書類を作成しております。

入国管理局に何度も行く必要なし

就労ビザや投資経営ビザを申請するためには、入国管理局(入管)に何度か足を運ぶ必要があります。例えば、留学生を採用して就労ビザを申請する場合、事前相談、申請、受領のため、最低でも3回入国管理局に行く必要があります。当事務所にご依頼いただいた場合、貴社に採用された外国人本人や人事担当者の方が入管まで行く必要はありません。

充実したアフターサポート

外国人社員が入社した後に必要となってくる外国人雇用状況届出や外国人登録証の申請サポートを行います。また、 就労ビザ申請から半年間、無料で在留資格等に関する相談に対応させていただきます。家族を呼び寄せる場合や国際結婚をされた場合など、外国人のビザに関す ることなら、何でもご相談ください。

料金について

就労ビザ申請の料金については料金についてのページに詳しく記載しております。


外国人のビザ・帰化・アポスティーユ等で何かお困りでしょうか

▲ページトップへ