なかなか良い応募者が来ないのですが・・・

求人を出しても、なかなか条件に合った応募者が来ないことは、よくあります。この場合、次の3つの方法があります。①求人方法を変える。②応募条件を緩和してみる。③中国人の応募であれば中国語の求人媒体に出してみる。

③の母国語の求人媒体に求人を出すと、日本語能力が心配という声もありますが、これは面接等で判断できます。それよりも求人情報を広く知らせることが大事です。日本人の方も経験があると思いますが、いくら英語が得意だといっても、日本語と英語の求人情報があったら、まず日本語を読みます。そして、日本語のほうが検索も慣れていますし、情報も得やすいのです。これは外国人にとっても同じです。どんなに流暢に日本語を話せても、やはり母国語にはかないません。できるだけ多くの外国人に求人情報を知ってもらうためには、母国語で求人を出すことも選択肢のひとつです。

初回相談は無料にて承っております。お電話とメール、ご都合のよい方法でご連絡ください。(ご来所での相談をご希望の方は、お電話・メールでご予約ください)

メールでの相談をご希望の方は、下記フォームより情報を送信ください。24時間承っておりますが、返信にお時間を頂戴する場合がございますので、お急ぎの方はお電話にてご相談ください。

ご相談 (必須)
当事務所(秋葉原)での無料相談希望貴社での無料相談希望(23区内のみ)貴社での有料相談希望電話での無料相談希望

その方は日本におられますか?
日本にいる(在留カードを持っている)観光ビザ、短期ビザで日本滞在中日本にはいない

どのようなビザの相談ですか?
配偶者ビザ永住者ビザ高度専門職ビザ技術・人文知識・国際業務(一般企業で働くビザ)技能(外国料理のコック)経営管理(外国人が起業する、外国人社長を招聘するビザ)その他

以下、就労ビザのご相談の方のみご記入ください。

今回入社する(内定した)外国人はどのような仕事を担当しますか?
通訳翻訳貿易業務販売促進(マーケティング)営業IT設計技術開発その他

貴社は下記のどれに該当しますか?
株式会社有限会社合同会社NPO法人一般社団法人・一般財団法人事業協同組合大学・専門学校日本語学校海外会社の日本支店個人事業主その他

ページトップへ戻る