社団法人や財団法人、NPO法人で外国人を雇用できますか?

公益社団法人、公益財団法人、一般社団法人、一般財団法人、NPO法人、事業協同組合、医療法人、宗教法人等であっても、外国人を雇用できます。

ただし、これらの法人では、売上や利益が少ない場合もあると思われます(医療法人は除く)。また、正社員の数よりもアルバイトやパート、ボランティアスタッフの数のほうが多い場合もあるでしょう。こうした場合、外国人を雇用する経緯、担当する職務内容、給与などについて細かい説明が求められ、その根拠も示す必要があります。

また、NPO法人や事業協同組合については、管轄行政庁に対する毎年の事業報告(税務署に提出する決算報告とは別)を行っていることが重要です。もし、まだ事業報告をされていない場合、すぐに事業報告書を作成し、届け出てください。当事務所でも、こうした事業報告書の作成業務を行っており、就労ビザ申請とセットで依頼いただくこともよくあります。

なお、海外に支部や支店があり、そこのスタッフを日本で働かせる場合、「企業内転勤」というビザを取得できる可能性もあります。企業内転勤ビザの場合、本人の学歴に関する要件がありませんが、海外支部や支店で1年以上勤務していることを証明する必要があります。

初回相談は無料にて承っております。お電話とメール、ご都合のよい方法でご連絡ください。(ご来所での相談をご希望の方は、お電話・メールでご予約ください)

メールでの相談をご希望の方は、下記フォームより情報を送信ください。24時間承っておりますが、返信にお時間を頂戴する場合がございますので、お急ぎの方はお電話にてご相談ください。

ご相談 (必須)
当事務所(秋葉原)での無料相談希望貴社での無料相談希望(23区内のみ)貴社での有料相談希望電話での無料相談希望

その方は日本におられますか?
日本にいる(在留カードを持っている)観光ビザ、短期ビザで日本滞在中日本にはいない

どのようなビザの相談ですか?
配偶者ビザ永住者ビザ高度専門職ビザ技術・人文知識・国際業務(一般企業で働くビザ)技能(外国料理のコック)経営管理(外国人が起業する、外国人社長を招聘するビザ)その他

以下、就労ビザのご相談の方のみご記入ください。

今回入社する(内定した)外国人はどのような仕事を担当しますか?
通訳翻訳貿易業務販売促進(マーケティング)営業IT設計技術開発その他

貴社は下記のどれに該当しますか?
株式会社有限会社合同会社NPO法人一般社団法人・一般財団法人事業協同組合大学・専門学校日本語学校海外会社の日本支店個人事業主その他

ページトップへ戻る