技術・人文知識・国際業務ビザを取得するための条件とは

外国人が日本の企業等でホワイトカラーの仕事に従事する際には、技術・人文知識・国際業務ビザ(技人国ビザ)を取ることになります。特に、留学生が就職する場合、ほとんどのケースでは、技人国ビザを取ることになります。

この技人国ビザを取得するためには、会社側の要件、本人側の要件、そして職務内容に関する要件があります。

技人国ビザ 本人側の要件

原則として、大学を卒業し学士の学位があること。もしくは日本の専門学校を卒業し、専門士の学位を取得していること

技人国ビザ 会社側の要件

事業の安定性、継続性があること。従業員の源泉徴収合計額、直近の決算状況、設立年数など複数の要素から総合的に判断されます。

技人国ビザ 職務内容の要件

自然科学や人文科学の分野に属する技術若しくは知識を要する業務、又は外国の文化に基盤を有する思考若しくは感受性を必要とする業務である必要があります。業務の具体例としては、システムエンジニア、技術開発、管理業務、デザイン、通訳翻訳、海外取引業務、マーケティング、企画、営業などが該当します。

また、法務省のホームページでも、技人国に該当する典型的な業務として下記が記載されています。

○本国において工学を専攻して大学を卒業し,ゲームメーカーでオンラインゲームの開発及びサポート業務等に従事した後,本邦のグループ企業のゲーム事業部門を担う法人との契約に基づき,月額約25万円の報酬を受けて,同社の次期オンラインゲームの開発案件に関するシステムの設計,総合試験及び検査等の業務に従事するもの。

○本国において工学を専攻して大学を卒業し,ソフトウェア会社に勤務した後,本邦のソフトウェア会社との契約に基づき,月額約35万円の報酬を受けて,ソフトウェアエンジニアとしてコンピュータ関連サービスに従事するもの。

○本国において電気通信工学を専攻して大学を卒業し,同国にある日本の電気通信設備工事業を行う会社の子会社に雇用された後,本邦にある親会社との契約に基づき,月額約24万円の報酬を受けて,コンピュータ・プログラマーとして,開発に係るソフトウェアについて顧客との仕様の調整及び仕様書の作成等の業務に従事するもの。

留学生時代の資格外活動内容も審査対象となる

この他、次の要素も審査の対象となります。まず、本人が留学生の場合、学生時代のアルバイトが資格外活動の範囲内であったかどうかかについて厳しく審査されます。つまり、在学中のアルバイトの時間が、原則週に28時間以内であったかどうかです。

会社側・仕事内容に関しては、過去に出入国在留管理に関する法令違反がないかどうか、同レベルの日本人と同等以上の報酬であるかなども審査対象となります。

技人国ビザを申請するときの留意点

会社や本人については、全く問題なくても、職務内容に問題があり、就労ビザ(技人国ビザ)が不許可になることもあります。また、職務内容は、就労ビザの要件を満たしているのですが、それを書面で正確に記載しなかったため、あるいは誤解を招きやすい表現をしてしまったため、不許可になる可能性があります。また、職務内容を説明する際、業界用語は使わないほうが無難です。業界内でごく一般に用いられる用語であっても、審査官が慣れ親しんでいる法律用語や行政用語では全く別の意味と捉えられるケースがあるからです。

通常、こういうケースでは、いきなり不許可になってしまうこともありますが、入国管理局から「職務内容に関する詳しい説明書を出してください」という追加書類通知書が来ることがあります。

職務内容がビザ基準に該当するかどうかについては、入管法第7条第一項第二号の基準を定める省令(基準省令)を基に判断されます。ただ、この省令は難解な法律用語で書かれていますので、ごくごく簡単に、原則を説明すると以下になります。

通訳翻訳、海外営業、貿易業務、IT技術者等の「専従者」として採用し、専従者としての業務量も十分にある場合は問題ないのですが、上記以外の場合、個別判断となります。

個別判断に該当するケースでは、審査の参考になるような書類を多数用意し、提出したほうがよいです。具体的などのような書類を提出したほうがよいかについては、個々のケースにより異なりますので、お問い合わせください。

就労ビザを取ることができなければ雇用することはできません。そのままの状態で雇用すれば違法就労をさせていることとなるので、絶対に雇用しないでください。

外国人の就労ビザが不許可になった後の再申請について

自社で申請した就労ビザが不許可になった場合、まず、不許可になった理由を出入国在留管理局の担当審査官からきちんと聞く必要があります。不許可理由としてよくあるのは、下記です。

  • 職務内容が就労ビザに該当しない
  • 学歴と職務内容に関連性がない
  • 職務内容は就労ビザに該当するが、職務の分量が十分ではない(同じポジションの外国人労働者がすでにいるはずだから、同じ職務内容でさらに外国人を雇用する必要性が説明されていない

就労ビザが不許可になった理由を正確に把握した上で、職務内容の説明方法を見直したり、業務分量が十分にあることを証明する資料を用意したりして再申請をすることとなります。

なお、この不許可理由を正確に確認するためには、ある程度の法律知識が必要となります。自社で申請された場合、弁護士や行政書士の立ち合いは難しいのですが、何をどのように聞けばよいのかはアドバイス可能です。

また、再申請は何回でもチャレンジすることができます。2回目や3回目で許可が出るという場合もありますので、諦めないでください。

ただし、「学校の出席率が悪くて退学処分になった」「犯罪行為をしたことがある」などの在留不良理由がある場合には、許可を取ることは難しくなります。外国人が専門学校等を退学処分になると、学校側が出入国在留管理局にその旨を報告することとなっています。退学処分になった事実を隠してビザを取ろうという人がいますが、却って裏目に出ます。また、難民申請をしている場合も、最近の入管の審査事情を見ていると、特別なケースを除いては許可が出ることはないです。

こんな記事も読まれています                       

 

メールで相談の予約をご希望の方は、下記フォームより情報を送信ください。24時間承っておりますが、返信にお時間を頂戴する場合がございます。お急ぎの方はお電話にてご予約ください。

ご相談 (必須)

その方は日本におられますか?
日本にいる(在留カードを持っている)観光ビザ、短期ビザで日本滞在中日本にはいない

どのようなビザの相談ですか?
配偶者ビザ永住者ビザ高度専門職ビザ技術・人文知識・国際業務(一般企業で働くビザ)技能(外国料理のコック)経営管理(外国人が起業する、外国人社長を招聘するビザ)その他

ご相談日時(第一希望)
希望時間:

ご相談日時(第二希望)
希望時間:

ご相談日時(第三希望)
希望時間:

※ご希望の日時に他のご相談者様の先約などが入っている場合は、別の日時をご提案させていただく場合がございます。

ページトップへ戻る