4年制大学卒業の外国人は飲食店や工場で働くことができますか?


4年制大学卒業の留学生の就職選択肢が拡大!

日本の大学又は大学院を卒業・修了した留学生は、在留資格「特定活動」によって、一般的なサービス業務や製造業務での活動が可能となりました。

以下の2点の両方を満たす方が、対象となります。

日本の4年制大学又は大学院を卒業・修了し、学位を授与された者。

*短期大学、専修学校、外国の大学又は大学院の卒業・修了は対象外。

日本語能力試験N1又はBJTビジネス日本語能力テストで480点以上を有する者。または、日本の大学・大学院で「日本語」を専攻し、卒業・修了した者。

業務は、「日本語を用いた円滑な意思疎通を要する業務」となっており、翻訳・通訳の要素のある業務や、日本語での双方向のコミュニケーションが必要とされる業務を指します。

具体的な活動例としては、

・飲食店に採用され、店舗において外国人客に対する通訳を兼ねた接客業務を行うもの

・工場のラインにおいて、日本人従業員から受けた作業指示を技能実習生や他の外国人従業員に対し外国語で伝達・指導しつつ、自らもラインに入って業務を行うもの

報酬については、日本人の大卒者・院卒者と同等額以上が必要とされます。地域や個々の企業の賃金体系を基礎に、同業他社の日本人の賃金等も参考にして判断されます。また、配偶者と子についての滞在も認められます。

初回相談は無料にて承っております。お電話とメール、ご都合のよい方法でご連絡ください。(ご来所での相談をご希望の方は、お電話・メールでご予約ください)

メールでの相談をご希望の方は、下記フォームより情報を送信ください。24時間承っておりますが、返信にお時間を頂戴する場合がございますので、お急ぎの方はお電話にてご相談ください。

ご相談 (必須)
当事務所(秋葉原)での無料相談希望貴社での無料相談希望(23区内のみ)貴社での有料相談希望電話での無料相談希望

その方は日本におられますか?
日本にいる(在留カードを持っている)観光ビザ、短期ビザで日本滞在中日本にはいない

どのようなビザの相談ですか?
配偶者ビザ永住者ビザ高度専門職ビザ技術・人文知識・国際業務(一般企業で働くビザ)技能(外国料理のコック)経営管理(外国人が起業する、外国人社長を招聘するビザ)その他

以下、就労ビザのご相談の方のみご記入ください。

今回入社する(内定した)外国人はどのような仕事を担当しますか?
通訳翻訳貿易業務販売促進(マーケティング)営業IT設計技術開発その他

貴社は下記のどれに該当しますか?
株式会社有限会社合同会社NPO法人一般社団法人・一般財団法人事業協同組合大学・専門学校日本語学校海外会社の日本支店個人事業主その他

ページトップへ戻る