留学生は週に何時間までアルバイトすることができますか?

日本の大学、大学院、専門学校、日本語学校等に通学しており、「留学ビザ」を持っている外国人留学生は、週に28時間までアルバイトをすることが可能です。正確には、当該留学生の在留カードの裏面に、「資格外活動許可」のスタンプが押されていれば、週に28時間以内のアルバイトが可能です。

残業も含めて週に28時間以内です。また、複数のアルバイトをしている場合、アルバイト時間を合計して週に28時間以内となります。コンビニで週に20時間アルバイトして、居酒屋で週に10時間アルバイトするといったことはできません。

週に28時間以上アルバイトをするとどうなるか?

留学生が28時間を超えてアルバイトをして、それが判明した場合、留学生と雇用主(会社側)の両方に罰則があります。

留学生は不法就労となり、留学ビザの更新や、就労ビザへの変更が難しくなります。あまりにも悪質な場合(学校に通わずにアルバイトばかりしている)、強制送還の処分になる場合もあります。

会社側には、不法就労助長罪が適用される可能性があります。罰則としては、3年以下の懲役、300万円以下の罰金、またはその両方が課されます。

週に28時間以上、アルバイトできる場合(インターンシップ)

下記条件を全て満たす人であれば、週に28時間以上働くための許可を申請できます。つまり、一般社員と同じように、週に40時間程度、合法的に働くことも可能になります。

  • 大学4年生、修士2年生、博士3年生であり、卒業に必要な単位をほぼ修得している留学生
  • 特定活動(就職活動目的)を持っている外国人
  • 大学4年生、大卒者・・・仕事内容が大学等で学んだ専門知識を活かすものであること
  • 専門学校2年生、専門卒・・・仕事内容が専門学校で学んだ科目と密接に関係があること

許可になりやすい職種例(個別審査になりますが、下記職種の場合、許可可能性が高い)

  • 経済学部の大学4年生が、営業の仕事をする。
  • 通訳専門学校の2年生が、免税店で通訳者として働く
  • 専門学校で国際ビジネスを学んだ外国人(特定活動)が、携帯ショップの窓口で働く。

許可になりにくい職種例(可能性0ではないですが、許可されにくい職種)

飲食店の店員、コンビニの店員、ホテルのベッドメイキングなど単純作業の場合、許可されにくいです。(週に28時間以内であれば、働くことができます)

申請書類

  • 在学証明書
  • 成績証明書(卒業要件単位を概ね8割以上取得していること)
  • 職務内容説明書

職務内容説明書とは、職務内容、履修科目との関連性、一日のスケジュール、職務場所、報酬、インターン終了後のキャリアパスなどの詳細を具体的に説明したもの。会社印が必要です。通常、5~10ページ程度の分量が必要です。許可要件を満たす内容、文言もあり、また不許可要因となる内容、文言もあるため、専門家のアドバイスを受けながら作成することをお勧めします。本来なら許可になりうるケースであっても、誤解を招く文言を使用したために不許可になるケースも多数みられます。

当事務所に依頼いただく場合、当事務所で草案を作成し、貴社と打ち合わせしながら、完成度を高めていきます。

料金

会社の業種、規模、職務内容によって、書類の分量、精度が異なりますので、個別に見積しております。目安としては、5~10万円(不許可の場合、実費以外全額返金です)。見積希望の方は、お問い合わせください。

【お問い合わせメールに記載いただきたいこと】

  • 貴社名
  • 貴社ホームページアドレス
  • 留学生の学校名、学部名、学年
  • 留学生の国籍
  • 想定している仕事内容
  • 想定している労働時間(週〇時間)

 

 

初回相談は無料にて承っております。お電話とメール、ご都合のよい方法でご連絡ください。(ご来所での相談をご希望の方は、お電話・メールでご予約ください)

メールでの相談をご希望の方は、下記フォームより情報を送信ください。24時間承っておりますが、返信にお時間を頂戴する場合がございますので、お急ぎの方はお電話にてご相談ください。

会社名

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

メッセージ本文

ページトップへ戻る