就職活動目的の特定活動ビザ→就労ビザへの変更申請が不許可の場合、どうなりますか?

就職活動目的の特定活動ビザを持っている時、就職が決まり、就労ビザへの変更申請をして、それが不許可になってしまった場合、かなりややこしい手続きとなります。

具体的に説明します。まず、就労ビザが不許可だった場合、短期滞在ビザになることが多いです。何日間の短期滞在ビザになるのかは、状況によります。

短期滞在ビザの期間中でも、就職活動は継続できます。そして、その短期滞在ビザの期限が切れる前に、再度、「短期滞在ビザ」→「特定活動ビザ」への変更申請を行ってください。

通常、学校から推薦状が発行されれば、特定活動ビザに変更できます。ただし、卒業してから、1年間の間だけです。ですから、3月に卒業した方の場合、翌年の3月までは、特定活動のビザが出ます。留学ビザの期限から、1年間ではありませんので、注意してください。
もし、就労ビザが出るかどうかわからない場合(小さい会社への就職、設立したばかりの会社への就職など)、専門家に依頼したほうが安心です。そのほうが、許可の可能性も上がります。
 

メールで相談の予約をご希望の方は、下記フォームより情報を送信ください。24時間承っておりますが、返信にお時間を頂戴する場合がございます。お急ぎの方はお電話にてご予約ください。

ご相談 (必須)

その方は日本におられますか?
日本にいる(在留カードを持っている)観光ビザ、短期ビザで日本滞在中日本にはいない

どのようなビザの相談ですか?
配偶者ビザ永住者ビザ高度専門職ビザ技術・人文知識・国際業務(一般企業で働くビザ)技能(外国料理のコック)経営管理(外国人が起業する、外国人社長を招聘するビザ)その他

ご相談日時(第一希望)
希望時間:

ご相談日時(第二希望)
希望時間:

ご相談日時(第三希望)
希望時間:

※ご希望の日時に他のご相談者様の先約などが入っている場合は、別の日時をご提案させていただく場合がございます。

以下、就労ビザのご相談の方のみご記入ください。

今回入社する(内定した)外国人はどのような仕事を担当しますか?
通訳翻訳貿易業務販売促進(マーケティング)営業IT設計技術開発その他

ページトップへ戻る