登記事項証明書(登記簿謄本)の認証代行

海外で会社を設立するための、登記簿謄本の認証(外務省・大使館等)手続きを代行します

日本企業が海外で子会社や関連会社を設立する場合、または海外の政府系企業と取引を開始する場合など、登記事項証明書(登記簿謄本)の認証が必要になります。例えば、中国で法人を設立する場合、「外国投資主体資格証明」を提出する必要があります。これは、その会社の登記事項証明書等が真正なものであることを、外務省で認証してもらうという手続きです。中国など一部の国の場合、さらに、その外務省の証印が真正なものであることを、中国大使館や領事館等で認証をする必要があります。

東京ワールド行政書士事務所では、登記事項証明書登記簿謄本)の認証代行および翻訳を行っております。

登記簿謄本の認証には時間がかかります。即日認証はできませんので、申請と受領のため、外務省や大使館などに何度も足を運ぶ必要があります。書類に不備があれば受け付けてくれないこともあります。当事務所では、こうした手続きを全て行政書士が代行します。

登記簿謄本の認証代行 手続きの流れ<中国で使用する場合>

お客様に行っていただくこと

  1. 代表取締役の方のパスポート(顔写真のページ)および免許証のコピー(表・裏)をとってください。
  2. 当事務所から送付した委任状に署名、捺印(代表印)ください。

当事務所で行うこと

  1. 法務局にて登記事項証明書(登記簿謄本)を取得します。
  2. 登記事項証明書の外務省での認証申請を行います。
  3. 外務省にて、1の書類を受領します。 (申請と受領のため、外務省に2回行きます。
  4. 大使館で認証するための申請書類を作成し、申請します。
  5. 大使館で認証済みの登記事項証明書を受領します。(特急申請すれば、翌日に受領できます。申請と受領のため、大使館に2回行きます。
  6. 必要に応じて登記事項証明書を翻訳(英語、中国語、韓国語など)します。
  7. 認証が完了した登記事項証明書および翻訳文を、お客様に書留郵便等で送付いたします。

登記簿謄本 認証代行の料金

商業登記簿謄本取得のための印紙代・・・700円

認証代行・・・21,000円(外務省認証のみ)/39,000円(外務省&大使館認証)

大使館に支払う手数料・・・8,500円(中国の場合・特急申請は16,000円)

登記簿謄本 翻訳の料金

登記簿謄本の翻訳・・・12,000円(1ページ)

※翻訳は、英語、中国語、韓国語に対応しております。
※翻訳証明書付きの価格です。
※翻訳したPDFファイルをメールで納品させていただきます。
※株式譲渡制限、新株予約権など、権利義務に関する登記がされている場合・・・20,000円(1枚)

登記簿謄本の翻訳について

海外で会社設立する場合、登記簿謄本の(中国語等への)翻訳も必要です。登記簿謄本を正確に翻訳するためには、法的知識が必要です。登記簿謄本には、株式の譲渡制限や新株予約権の設定などの記載があり、翻訳を間違えると大変なことになってしまいます。当事務所では、法律知識のある翻訳者(中国語翻訳の場合は、東京地方裁判所に登録している法定通訳・翻訳者)に依頼し、翻訳を行っております。

なお、翻訳文書にも外務省と大使館での認証が必要な場合もあります。翻訳文書は私文書になるため、いきなり外務省で認証することはできません。事前に「公証役場」での手続きを行う必要があります。当事務所ではこうしたケースにも対応しております。


外国人のビザ・帰化・アポスティーユ等で何かお困りでしょうか

▲ページトップへ