就労ビザとは

就労ビザとは、外国人が日本で働く場合に必要なビザです。このビザを取得せずに働いた場合、不法就労となり、会社側にも責任を問われる場合があります。ですから、外国人を雇用した場合には、就労可能なビザを取得しているかどうか必ずチェックしてください。

就労ビザの種類

代表的な就労ビザは、以下のとおりです。それぞれのビザの主な要件等については、ビザの種類のところをクリックしてください。

  • 技術・人文知識・国際業務(通常、大学卒業者が働く際の就労ビザ)
  • 技能(調理師やスポーツインストラクターなどの職種)
  • 企業内転勤(海外の親会社、子会社、関連会社からの転勤の場合)
  • 経営・管理(外資系会社の社長、役員、外国人起業者など)
  • 興行(モデル、タレント、俳優、プロレスラー、ダンサーなど)
  • 技能実習(海外から実習生を受け入れる場合のビザ)
  • 教育(小中高等学校や語学スクールなどの語学教師)
  • 家族滞在(上記のビザ保有者の配偶者や子に与えられるビザ)
当事務所では、面倒な就労ビザ申請手続きをサポートしております。 詳しくはこちらをご覧ください。→ 入管への就労ビザ申請

就労ビザ申請が不要な場合

「日本人の配偶者等」、「永住者」、「特別永住者」、「永住者の配偶者等」、「定住者」の在留資格を持つ外国人の場合は、就労に制限がありませんので、就労ビザの申請をする必要はありません。例えば、日本人の妻を持つ外国人男性を雇用する場合や、夫(外国人)が永住ビザを持っている外国人女性を雇用する場合などです。

 


外国人のビザ・帰化・アポスティーユ等で何かお困りでしょうか

▲ページトップへ