外国人社員の早期退社を防ぐにはどうすればよいですか?

外国人が早期に退社する理由を聞いたところ、給料に不満があるというよりは、仕事内容に不満があることも多いです。入社前に聞いていたこと、想像していたこととは違う仕事だったため、すぐに辞めてしまうことがよくあります。社員の早期退社を防ぐためには、以下のような方法があります。日本人社員にも応用できるかもしれません。

  1. 事前に仕事内容をきちんと説明し、雇用契約書にも職務内容を正確に記載する。特に、入社後に現場実習がある場合、そのことも明記しておく。(高学歴の外国人の場合、現場実習を嫌う傾向にあります)
  2. 健康保険や厚生年金など、会社側が社員のために負担している金額について、きちんと説明する。
  3. 退職金制度を見直す(例えば、勤続3年で奨励金が出るような仕組みを作る)
  4. 人事評価制度を見直す。外国人の場合、実力を発揮できない会社に見切りをつけるのが早いです。本人の要望や実力を定期的に確認し、ステップアップしていける仕組みを導入することで、早期退社を防いでいる企業もあります。

外国人のビザ・帰化・アポスティーユ等で何かお困りでしょうか

▲ページトップへ