外国人社員が退職すると、在留資格もなくなるのですか?

「人文知識・国際業務」や「技術」など、就労関係の在留資格の場合、3ヶ月以上にわたり仕事をしていないと、在留資格が失効する可能性があります。しかし、近年は転職活動も長期化しておりますので、転職活動をきちんと行っており、再就職の意思があることを客観的に証明できれば、退職後3ヶ月経ったからといって、いきなり失効することはないでしょう。

ただし、最寄りの入国管理局にて、退職したことを報告しておきましょう。

退職したことだけを報告する書式

退職及び転職先の情報を報告する書式(新しい会社に転職が決まった場合)

また、転職先の会社が、前の会社に比べて明らかに小規模な場合や、前の会社と仕事内容が変更になった場合には、「就労資格証明書」を取得しておいたほうがよいです。

 

 


外国人のビザ・帰化・アポスティーユ等で何かお困りでしょうか

▲ページトップへ