新規でビザ(認定証明書)を取得したけれど、使わなかった場合

海外から呼び寄せるためのビザ申請をして、許可された場合、「認定証明書」という書類が発行されます。認定証明書とは、日本の入国管理局が、当該外国人と受入機関(企業や日本に住む配偶者等)を審査し、入国要件を満たしていることを証明する書類です。つまり、この書類があれば、母国で査証を取る時にスムーズに手続きができます。

この書類の有効期限は、3ヶ月となっています。つまり、書類が発行されてから3ヶ月以内に日本に入国しないと、せっかく取った認定証明書が無効となってしまいます。

ビザ申請時と状況が変わってしまい、内定が中止になったり、延期になってしまった場合、改めてビザの申請をすることになります。その時、認定証明書を添付して申請すると、審査がスムーズです。前に一度、許可が出ているため、大きく状況が変わっていなければ、次回も許可される可能性が非常に高いです。ですから、認定証明書を使わないからといって、処分しないように注意してください。


外国人のビザ・帰化・アポスティーユ等で何かお困りでしょうか

▲ページトップへ