外国人経営者の役員報酬はいくらにすればよいですか?

役員報酬は、原則、1度決めたら事業年度が終わるまで変更できません。
ですので、慎重に考えて決定する必要があります。
経営管理ビザをとる場合、あまりに低すぎると、「本当に経営者としての活動を行うのか?」「実際には、他に経営者がいるのではないか」といったことを疑われ、不許可になる可能性があります。
実際の役員報酬は、本格稼働してみないと確定できないことも多いと思います。
ですが、経営管理ビザを確実にもらうためには、しっかりと検討し、根拠のある額を決めなければなりません。
また、会社設立後、経営管理ビザが許可されるまで、数ヶ月かかることが多いですが、
その場合、会社設立後、3ヶ月以内に税務署に下記の届け出等もしっかりと行っておきましょう。
最初から、こうした法律を守っていると、将来の更新や永住ビザ申請の際、有利になります。
  • 事業開始時期の届け出
  • 役員報酬の届け出
  • 青色申告の届け出
  • その他、会社により必要な届け出

なお、当事務所の場合、提携する税理士に上記の届け出を行ってもらいます。追加料金はありません。法律で決まっている届け出をきちんと行うことにより、少しでもスムーズにビザ取得できるようにしております。

外国人社长设立会社后给自己定多少报酬比较妥当?

报酬,原则上是决定后在本年度为止是不易变更的,所以,请慎重决定。

取得经营管理签证时,工资报酬如果定的太低的话,入管局会怀疑是否真的在经营公司,或者,还有另外的经营合作人等,容易产生不许可。

 

但是实际上,公司不运作起来,经营者们很难给自己定一个合适的报酬,所以,请正确判断自己的事业规划,给自己定一个合适的报酬,也是重要的课题。

另外,会社成立后,从申请到许可为止,需要数月的时间。即使如此,会社成立后,请去税务局做相关登记。从一开始就守法尊法,对将来签证的更新,再将来申请永驻都是都帮助的。

  • 事业开始的登记
  • 役員报酬的登记
  • 青色申告的登记
  • 另外,种种,不同种类的公司的相关的登记

我公司协同专业税理师可提供免费代理相关登记的服务。法律规定的请大家尊法守法,对日后签证的顺利许可是重要的有利保障。


外国人のビザ・帰化・アポスティーユ等で何かお困りでしょうか

▲ページトップへ