家族滞在ビザを持っている人は日本で就労可能ですか?

中国网页 中国語ページ

家族滞在ビザでは、原則として働くことができません。家族滞在ビザを持っている外国人がアルバイト等をしたい場合、「資格外活動許可」を申請し、許可されることで、働くことができます。ただし、週に28時間までという規定があります。資格外活動許可については、ほとんどのケースで問題なく許可されます。ですから、必ずこの許可を得てから働くようにしてください。なお、資格外活動許可を得ていても、風俗関係の仕事(キャバクラ、外国人パブ等)はできません。

資格外活動を持っているか確認する方法はこちら。この件に関する問い合わせ(専用電話あり)もこちら。

週に28時間以上働きたい場合、大きく分けて3つの方法があります。

1.就職してから、技術・人文知識・国際業務などの就労ビザを申請する方法

大学や専門学校(日本の専門学校のみ)を卒業しており、一般企業等で働く場合、就労ビザを取得できる場合があります。詳しくは、就労ビザのページをごらんください。

2.日本の小学校、中学校、高等学校を卒業しており、高校卒業後に就職する場合

条件が複雑ですので、こちらのページを参照ください。

3.会社を作ってから、経営管理ビザを申請する方法

会社を設立し、その会社の代表者となって経営者として活動するビザを取得します。詳しくは投資経営ビザのページをご覧ください。家族滞在ビザ→投資経営ビザへの変更手続きは、就労ビザ→投資経営ビザへの変更手続きと比べ、少し難しいです。ですが、投資経営ビザの要件を満たし、証拠を完ぺきにそろえれば、十分に可能性があります。当事務所で過去に扱った事例(一部)を紹介します。

  • 夫が家族滞在で妻が就労ビザ。夫がフルタイムで働きたいため、合同会社を設立して、Taobaoでの輸出事業を開始。申請から約1ヶ月で許可。
  • 夫が家族滞在ビザで妻が投資経営ビザ。妻の会社(飲食店1店舗を経営)では、役員2名の投資経営ビザは厳しかったため、2店舗目の出店に合わせて、夫の投資経営ビザを申請しました。このケースでは、経営者が2名必要な根拠を証拠とともに説明する必要があります。通常の3倍くらいとなる膨大な書類となりましたが、申請から約40日で無事に許可されました。
  • 妻が家族滞在ビザで夫が就労ビザ。もともとは専業主婦の妻が、趣味でアマゾン輸出をやっていたが、売上が大きくなってきたため、法人化して投資経営ビザを申請。申請から約40日で許可。
  • 親が就労ビザで、子供が家族滞在ビザ。親に連れられて来日し、家族滞在ビザを持って日本に住んでいたが、20才を超えたので、家族滞在ビザの更新が厳しくなってきた。このため、株式会社を設立して、投資経営ビザを申請。申請から約35日で許可。

家族滞在ビザから投資経営ビザへの変更は、通常よりも厳しく審査される傾向にあります。今まで扶養されていた方が、いきなり経営者になるため、基本的な要件だけを満たすのではでなく、事業の安定性とその根拠をしっかりと説明する必要があります。会社設立や投資経営ビザへの変更を検討されている場合、当事務所に相談をご予約ください。初回は無料相談です。


外国人のビザ・帰化・アポスティーユ等で何かお困りでしょうか

▲ページトップへ