民泊(AirBNB)を行いたいですが、経営管理ビザを取得できますか?

最近、経営管理ビザを取って、民泊事業(AirBNB)を行いたいという方が増えてきました。 現時点では、自治体によって、民泊を認めているところ、禁止しているところがあります。自治体が正式に認めている場所(市区町村)であれば、その証拠を提出することで、経営管理ビザを取りやすくなるでしょう。 しかし、そうでない場合、旅館業許可(簡易宿泊所営業許可)を取ることをお勧めします。

2016年4月1日、旅館業法施行令が改正され、収容定員(宿泊者の定員)一人当たり3.3平米以上の広さがあれば、簡易宿泊所営業が認められることとなりました。もちろん、広さ以外の要件(消防設備等)もありますが、広さの要件はずいぶん緩和されています。 集客という面でも、きちんと許可をとって営業しているということをアピールできますので、できれば許可を取ったほうがよいです。 当事務所では、旅館業許可手続き(簡易宿泊所営業許可)、経営管理ビザの申請手続きを行っております。詳細については、来所相談(初回は無料)をご予約ください。


外国人のビザ・帰化・アポスティーユ等で何かお困りでしょうか

▲ページトップへ