3年や5年の投資経営ビザをもらうためにはどうすればよいですか?

投資経営ビザの在留期間は、6ヶ月、1年、3年、5年という種類があります。

新規設立の会社であれば、最初は1年のビザが出ることが多いです。そして、更新の際には、過去の売上、利益、納税額、雇用状況、事業の継続性・安定性などが審査され、3年ビザや5年ビザが出ることもあります。

投資経営ビザで、3年ビザや5年ビザが出やすいケースは以下です。

  • 売上・利益・納税額が安定している。(直近3年間安定していることが望ましい)
  • 日本人や永住者ビザ保有者を複数名雇用しており、雇用保険にも加入している。(社会保険にも加入していれば、なお有利)
  • 国や自治体等との安定した取引がある。
  • 中堅規模以上の既存法人の役員(代表取締役等)に就任する場合
  • 中堅規模以上の既存法人が出資した会社の役員になる場合

上記以外のケースでも、3年ビザや5年ビザが取れる可能性はあります。

何年のビザが出るかについては、個々のケースによって異なりますし、どのような書類を提出するのかによっても、大きく異なります。また、申請書類の書き方も重要になってきます。

投資経営ビザを申請する時、何年のビザになるかは気になるところだと思います。

特に、今、3年ビザを持っている方にとっては、投資経営ビザに変更して1年ビザになってしまうのはもったいないと感じることもあるでしょう。しかし、会社を経営するためには、投資経営ビザを取る必要があります(永住者ビザなどを除く)。

当事務所では、できるだけスムーズに投資経営ビザを取得できるようサポートしております。

初回の無料相談時に、ビザ取得の可能性と何年ビザになりそうかの判断は可能です。(電話やメールでの詳しい相談は難しいですので、面談相談を予約してください)。


外国人のビザ・帰化・アポスティーユ等で何かお困りでしょうか

▲ページトップへ