外国人技能実習生が経営管理ビザを得ることができますか?

外国人技能実習生は、「技能実習ビザ」というビザを得て日本に住んでいます。このビザの目的は、当該外国人が日本で高度な技術や知識を学び、その技術等を母国に戻って活かしてもううことです。ですから、日本で起業して経営管理ビザを申請し、引き続き日本に住む場合、本来の目的とは異なってしまいます。また、招聘機関との契約上の問題もあります。このため、現行制度では、原則として、技能実習ビザから経営管理ビザ(他のビザも含む)への変更は認められていません。

しかし、例外もあります。経営管理ビザの基礎条件を満たしていることは当然ですが、当該外国人が経営に関する十分な経験を持ち、事業の継続性や安定性を完璧に書面で説明し、その他、幾つかクリアすべき課題を解決すれば、経営管理ビザを取得できる可能性もあります。詳細については、当事務所までご相談ください。

※このケースは非常に複雑かつ難易度が高いため、電話のみでの相談は受けておりません。お電話もしくはEmailにてご予約の上、面談での無料相談をご利用ください。


外国人のビザ・帰化・アポスティーユ等で何かお困りでしょうか

▲ページトップへ