設立したばかりの会社に入社した場合、就労ビザの取得は難しいですか?

設立したばかりの会社や、会社ができてからまだ1年経っていない場合などは、就労ビザ申請に必要な決算書類等を出すことができません。このため、会社の安定性や事業継続性に関する審査が慎重になります。

こうした場合、事業計画書や月次決算書類などを作成し、その根拠書類も提出したほうがよいです。また、事業計画書については、投資経営ビザと同じくらい、つまり、かなり具体性と実現可能性をもった完成度の高いものが必要となります。単純に、「●●の事業を行い、年間約●●円の売上を見込んでいます」といった書き方だと、不許可になる可能性が高いです。銀行の融資審査に受かるくらいの、高いレベルの事業計画書を作成する必要があります。

この他にも、注意すべき点がいくつかあります。設立したばかりの会社で就労ビザを申請される場合は、専門家に依頼されたほうが確実です。


外国人のビザ・帰化・アポスティーユ等で何かお困りでしょうか

▲ページトップへ