量販店で外国人を採用した場合、就労ビザを取得できますか?

このケースは、職場での業務内容によって、ビザ取得の可能性が異なります。専門の通訳者や電話オペレーターなど、外国人である必要性が高い業務の場合、就労ビザを取得できます。

しかし、配送業務や倉庫作業をメインに行う場合、在留資格の取得はできません。秋葉原の電気量販店など明らかに外国人客が多い場合は必要ありませんが、外国人の来店数や国籍などを記録しておき、申請書類に添付することもできます。


外国人のビザ・帰化・アポスティーユ等で何かお困りでしょうか

▲ページトップへ