海外の関連会社から短期間だけ技術者をよびたいのですが・・・

海外の親会社や子会社から転勤や出向扱いで外国人を呼び寄せる場合、「企業内転勤」というビザを取得できる可能性が高いです。また、その関連会社の株式を20%以上保有している場合も、企業内転勤ビザでの就労が可能です。

また、国によって在留日数が異なりますが、「短期滞在」の在留資格で来日し、技術指導などを行うことは可能です。この場合、報酬は海外の関連会社が払う必要があります。「短期滞在」の在留資格では、報酬を伴う就労は認められていないからです。


外国人のビザ・帰化・アポスティーユ等で何かお困りでしょうか

▲ページトップへ