自分で申請する場合と依頼する場合で、何が違うのでしょうか?

ご自分で申請される場合と依頼いただく場合の違いはたくさんあります。自分で申請される場合、どのような書類が必要か調べ、申請書類一式を作成・収集し、管轄する入国管理局へ行き、申請します。書類に不足や不備があれば受け付けてもらえませんので、何度か入国管理局に行くことになるかもしれません。また、書類を作成・収集している段階で、どのように書けばよいのか、どこまで詳しい内容が必要なのか、この書類に会社印は必要なのか、コピーじゃ駄目なのかなどなど、さまざまな疑問が出てくると思われます。その都度、入国管理局等に確認して進めていくことになります。

また、提出書類に関してですが、入国管理局に確認すれば必須の書類は教えてくれますが、就労ビザを確実に取得するためには、必須書類だけでは不十分です。実務上、入国管理局から指示される書類以外に提出すべき書類が多数あります。追加で提出すべき書類については、入管法や関連省令、法務省で発行している在留資格審査指針などを理解していないと書けない場合も多々あります。

ご依頼いただく場合、通常のケースでお客様に行っていただくことは、決算書類等の書類収集と署名捺印のみとなります。


外国人のビザ・帰化・アポスティーユ等で何かお困りでしょうか

▲ページトップへ