台湾の教育制度

教育行政制度

行政制度は、中央政府である行政院の下に、地方政府である直轄市政府(台北、高雄)及び市・県政府が置かれている体制。

義務教育

6~15歳の9年間

高等教育

専科学校、技術学院、科学技術大学、単科大学(原語:独立学院)、大学で行われる。

専科学校は5年制、2年制の2種類がある。卒業者は準学士の学位を授与される。

大学、独立学院には学士課程(4~7年)、修士課程(1~4年)、博士課程(2~7年)が置かれている。

※ここまでの出典:文部科学省「世界の学校体系」

 


外国人のビザ・帰化・アポスティーユ等で何かお困りでしょうか

▲ページトップへ