主要国の教育制度

日本で働くための就労ビザ(技術・人文知識・国際業務の在留資格)を取得する際には、学歴要件があります。日本の大学院、大学、短大、高等専門学校、専門学校を卒業されている方の場合、学歴要件は分かりやすく、証明も比較的容易です。しかし、母国で高等教育機関(大学等)を卒業されている場合、日本の入国管理法に記載されている学歴要件を満たすのかどうかの判断が非常に難しい場合があります。なぜなら、国によって教育制度が異なり、また、職種によって、求められる学歴要件が微妙に異なるからです。

 

本人が、「私は母国で大学を卒業しています。卒業証明書も持っています」と言っていても、残念ながら就労ビザの要件には該当しないことがあります。また、就労ビザ申請時には、本人から提出された卒業証明書とその和訳を出すだけでは不十分です。その学校が母国の教育省からどのように位置づけられており、そのような学位が授与されているのかを複数の書類で説明、証明することが非常に重要です。就労ビザ申請時に卒業証明書だけを提出した場合、母国(省)の教育制度、取得している学位についての説明、証拠資料を求められることがあります。例えば、下記の学校を卒業されている場合、学校に関する資料が求められました。

  • 中国の本科大学・専科大学
  • 台湾の高等専門学校
  • フランスのBTS
  • カナダ・ケベック州のCEGEP
  • インドネシアのInstitute

当事務所で就労ビザ申請をサポートさせていただく場合、学歴要件についての説明書作成、証明資料の取得についてのアドバイス等を行っておりますが、自社で手続きされる場合、下記参考になれば幸いです。

下記では、主要国の学校体系や学位制度について概要を紹介しています。各国の教育制度は変更になる可能性があります。より正確な教育制度については、各国の大使館からの公的資料、各国の教育省のウェブサイト等を参照ください。

 

 

 


外国人のビザ・帰化・アポスティーユ等で何かお困りでしょうか

▲ページトップへ