外国人の求人情報の探し方

企業が留学生を募集する場合、さまざまな方法で求人情報を掲載します。
下記に主な求人情報源を紹介します。

公的機関の求人情報

東京と大阪には、外国人専門のハローワークがあります。掲載は無料です。ただ、インターネットでは求人概要しか公開していないので、詳細情報を見るためには、実際にハローワークまで行かないといけません。このため、東京・大阪近辺の人しか集まらないという難点があります。

学校の求人情報

留学生を受け入れている大学、大学院大学、短期大学、高等専門学校、専門学校、日本語学校などでは、就職課や留学生センターの掲示板で求人情報を公開しています。学校によっては、留学生専用コーナーを設けている場合もあります。

外国人合同説明会

年に数十回開催されます。主催者は公的機関や民間企業などさまざまです。出展が有料のものと無料のものがあります。一度に1,000人を越える外国人が訪れますので、集中的に応募をかけたいときに最適です。

人材紹介会社

外国人に特化した紹介会社も多数あります。紹介会社によって、強い国や業界が異なり、料金体系もさまざまですので、事前にしっかり確認しておきましょう。また、採用が決まっても就労ビザが下りないケースが稀にありますので、事前に行政書士と連携をとって、就労ビザの要件などを確認しておくことが重要です。

求人情報サイト

インターネット上には非常に多くの求人情報サイトがあります。大手企業が運営する大規模なサイトをはじめ、職種や募集地域に特化したサイト、外資系企業専門サイト、中小企業専門サイト、学生専用サイト、外国人専門の求人サイトなどがあります。サイトによって、読者の国籍や職種、年齢に違いがあります。

求人情報サイトを利用する場合、検索機能を活用しましょう。例えば、中国人が中国語を活かした仕事を探す場合、「中国語 求人」「中国 貿易」「中国 進出」などのキーワードで検索するとよいでしょう。

外国語雑誌・フリーペーパーでの求人

首都圏や名古屋圏、関西圏などの都市部では、さまざまな外国語雑誌やフリーペーパーがあります。母国語で読めるのが便利ですが、高い日本語能力を求める企業の場合、あえて日本語のみで求人情報を載せています。

求人情報のここをチェックしよう

外国人社員の採用実績

求人企業に外国人社員がいる場合、求人情報にも掲載されていることがあります。母国の先輩がいると何かと安心です。またその外国人社員が就労ビザで勤務している場合は、あなたが採用された場合も、就労ビザが取得できる可能性が非常に高いです。

採用後の教育体制について

留学生にとって、異国での就職は非常に不安です。ですから、充実した研修教育体制が整っているかどうかを確認しましょう。特に、外国人向けにビジネス日本語研修を行っている場合などは大きな安心材料となります。

募集の理由、背景をチェックする

なぜ、外国人が必要なのか、その根拠を確認しておきましょう。稀なケースですが、外国人を単純労働者として使用したい場合や、ごく一部の商品先物取引会社や生命保険会社のように外国人の人脈だけを利用したい場合もあるからです。


外国人のビザ・帰化・アポスティーユ等で何かお困りでしょうか

▲ページトップへ