家族滞在ビザ→定住者ビザへの変更

家族滞在ビザを取得して来日し、来日後に、日本の小学校に入学(編入)し、そのまま日本の中学校、高等学校に進学した外国人は、定住者ビザへ変更できる可能性があります。つまり、大学を卒業していなくても、日本で就職することができます。

ただし、下記のような条件があります。下記全てを満たすことが必要です。ただし、家族滞在ビザ→定住者ビザへの変更手続きは簡単ではありません。詳しくは、当事務所でも相談可能です。相談希望の方は、当事務所までお問合せください。(電話での無料相談は行っておりませんので、来所相談をご予約ください)。

 

日本において義務教育の大半を修了していること

原則、小学校1年~3年生の時に来日し、その後継続して日本に住み、日本の高等学校を卒業した方が対象になります。ただし、その方の状況によっては中学校時代に来日した方でも認められる可能性があります。

日本にある高等学校を卒業していること

インターナショナルスクールや専修学校は含まれません。定時制高等学校や通信制高等学校卒業でも認められる可能性があります。

日本にある会社に就職先が決定していること

就労ビザ(技術・人文知識・国際業務ビザ等)と異なり、職務内容の条件はありません。ですから、飲食店、建設会社、介護施設などでも勤務することが可能です。

 

 

 


外国人のビザ・帰化・アポスティーユ等で何かお困りでしょうか

▲ページトップへ