外国人は単純労働が禁止されているのですか?

日本に住む外国人は何らかの在留資格を持っていますが、在留資格の種類によって、単純労働が認められる場合と、禁止されている場合があります。詳しくは、外国人が保有している在留カードに記載があるので、在留カードを確認ください。

在留カードの見方はこちら

では、単純労働とは何でしょうか。入国管理制度上の単純労働と、一般的にイメージされる単純労働とは、少し意味が異なります。

下記のような職種が、入国管理制度上の単純労働と見なされる可能性が高いです。※実際のビザ審査では、詳細な職務内容とその根拠などを精査して判断されますので、以下の職種でも単純労働ではないと判断される(つまり就労ビザが許可される)ケースも稀にございます。

飲食店での配膳・調理補助、建設現場作業(設計、施工管理は除く)、警備など

単純労働が認められている在留資格

  • 永住者
  • 永住者の配偶者等
  • 日本人の配偶者等
  • 定住者

条件付き(週に28時間以内など)で認められている在留資格

  • 留学
  • 家族滞在
  • 文化活動
  • その他、入国管理局から「資格外活動許可」を得ている在留資格

単純労働が認められていない在留資格

  • 技術・人文知識・国際業務
  • 技能(1~10号)
  • 興行(1~4号)
  • 教育
  • 教授
  • 法律
  • 医療
  • その他、就労系の在留資格

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


外国人のビザ・帰化・アポスティーユ等で何かお困りでしょうか

▲ページトップへ