事業内容を変更した場合、経営・管理ビザを更新できますか?

経営・管理ビザを取得した会社の事業内容が変更になった場合、下記を行っておくことが重要です。

  • 会社の所在地や事業内容が変わった場合、変更登記をしておく。
  • 飲食事業などを行う場合、営業許可をとっておく。
  • 前の事業をだれかに譲渡する場合は、必ず書面で営業譲渡契約をしておく。
  • 前の事業で取った営業許可についても、名義変更しておく。
  • 前の事業で使った領収書、書類などを捨てずに保管しておく。

5~6年以上、同じ事業を営んでいて、他の事業に変更する場合、上記に注意していれば、ビザ更新についても問題ないことが多いです。

しかし、経営・管理ビザをとって、すぐに事業変更する場合、ビザ更新も難しくなりますので、事前にしっかりと準備することが大切です。

 


外国人のビザ・帰化・アポスティーユ等で何かお困りでしょうか

▲ページトップへ