留学生の夫(妻)を呼び寄せることは難しいですか?

日本の大学や専門学校に留学している留学生の夫(妻)を海外から呼び寄せるためには、「家族滞在ビザ」を取る必要があります。なお、日本語学校の留学生の夫(妻)を家族滞在ビザで呼び寄せることは、原則できません。

以下、よくある質問です。

質問①:家族滞在ビザを取るには、どれくらいの預金が必要ですか?

回答:最低でも、今後1年間、夫婦で暮らしていけるだけの預金や海外送金があることを証明する必要があります。住んでいる地域や家賃により異なりますが、東京に住んでいる場合、目安として最低200万円以上の預金、送金証明書、父(仕送りする人)の預金残高証明書が必要です。また、預金や海外送金については、その根拠も必要です。そのお金は、誰がどのようにして作ったお金なのかを説明する必要があります。

質問②:預金以外にどんなことが審査されますか?

扶養者(留学ビザの人)の成績、学校の出席状況、アルバイトの時間を守っているかどうか、結婚の経緯などが審査されます。

質問③:どんな書類を提出しますか?

状況によって異なります。絶対に提出したほうがよい書類は、預金証明、送金証明書、父(仕送りをする人)の預金残高証明書です。これ以外にもたくさんあります。詳しくは事務所での相談時にご案内できます。

必要書類については、電話やメールではアドバイスできませんので、事務所での相談をご予約ください。初回は無料相談です。

質問④:事務所に行く時は何を持っていきますか?

・夫婦のパスポート(コピーOK)
・夫婦の在留カード
・学生証
・預金通帳
・扶養者(留学ビザの人) 平成29年度 住民税の課税証明書(市役所で発行)
・扶養者(留学ビザの人) 平成29年度 住民税の納税証明書(市役所で発行)
・扶養者(留学ビザの人) 最新の成績証明書(今大学3年生であれば2年生の時のもの)

 

質問⑤:料金はどれくらい?

状況によって異なりますが、目安は下記です。
着手金:30,000円
許可時:80,000円+印紙代4,000円

※ただし下記の方は加算あります。

アルバイトを28時間以上している人:+30,000円(許可時のみ加算です)

学校をやめてから家族ビザに変更する人:+30,000円(許可時のみ加算です)

自分で申請して不許可だった人:+30,000円(許可時のみ加算です)

卒業するまで3年以上ある人:+30,000円(許可時のみ加算です)

関東以外に住んでいる人:+交通費(仙台の場合+30,000円)

 

 

作为留学生,想把丈夫或妻子接到日本来难吗?

在日本的大学,或者在日本的语言学校就读时,如果要把自己的配偶接来日本时,所需要申请家族滞在的签证。

通常,国立大学,有名的私立大学的留学生的话,会好办一些。如果不是的话,审查会变得十分严格。具体的说,除了提交学习成绩表,出席率之外,还有,在海外的配偶者的履历书,存款证明,这些详细资料也全部提交会比较好。

还有,一般想把配偶者接到日本来,入管局审查官很容易怀疑,是否想借此来日本打工?所以,在做材料的时候,请重点说明夫妻两想一同生活的心情,还有,毕业之后的打算,这些都会为取得签证加分。


外国人のビザ・帰化・アポスティーユ等で何かお困りでしょうか

▲ページトップへ