就労ビザを持っている外国人は週に何時間まで勤務できますか?

現行の労働基準法では、1日8時間、週に40時間を超える労働は原則として認められていません。これは、国籍は関係なく適用されます。

しかし、これでは残業は一切認められないことになるため、労働基準法36条に基づいて、会社と労働者が協定を結びます。この協定によって残業が認められているのです。36協定(サブロクキョウテイ)と呼ばれるものです。

この36協定に基づく残業であっても、無制限に残業が認められるわけではありません。1ヶ月に許される残業時間の上限は45時間。年間では360時間が上限となっています。

ですから、時間外手当を法令に基づき支払ってしても、上記の制限を超えた残業は違法行為になる可能性があります。従業員から訴えられたり、労働基準監督署に相談されたら、結構大変なことになりますから注意してください。

当事務所では、外国人雇用に強い社会保険労務士と提携して、外国人雇用に関してなんでも相談いただける顧問契約を用意しております。月々5000円~のサービスとなります。詳しくはお問い合わせください。


外国人のビザ・帰化・アポスティーユ等で何かお困りでしょうか

▲ページトップへ